生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 女性必見!花火大会を楽しむために持っていくべき5つの物

女性必見!花火大会を楽しむために持っていくべき5つの物

2012年12月14日作成

 views

お気に入り

はじめに

花火大会と言えば夏の大きなイベントの一つですよね。

家族でわいわい楽しんだり、ロマンチックな花火をカップルで見てうっとり
など様々な楽しみ方があると思います。

そこで今回は、花火大会をより楽しむために持っていくべき5つのものを紹介します。

花火大会に持っていくべき5つのもの

1.ウエットティッシュ

花火大会では様々な出店がでます。かき氷、あんずあめ、りんごあめ、わたあめなどおいしいものばかりで何を食べるか迷ってしまいますよね。

でも、食べた後に手がベタベタするものがとても多いのです!そんなときにウエットティッシュがあると便利です。

2.シミ抜き

花火を見ながら何かを食べていて、つい見とれてうっかり食べ物をこぼしてしまった!

人ごみでぶつかり持っていた飲み物をこぼしてしまった…

そんな経験はありませんか?

花火大会は人がとても多いのでちょっとしたトラブルが起りやすいです。
そんな時にせっかくの花火大会なのにガッカリ…なんてことがおこらないようにシミ抜きを持っていると安心です。

シミ抜きは携帯用マニキュア落としのように小分けになって売っているので、持ち歩いていても全然邪魔にはなりません。

私は普段から持ち歩いているのですが、ソースを服に跳ね返らせてしまった友人にさっと渡したところ大変感謝された覚えがあります。

3.ビニール袋

これは出店で食べた時にでるゴミを捨てるために使えます。

基本的には出店で出たゴミは食べ終わったらそのお店で回収してもらえることが多いです。

ですが、もし買ってから移動した場合、屋外なのでゴミがなかなか捨てられませんし、あってもゴミであふれかえっている場合が多いです。

また、友人同士で花火大会に行った場合、大学生など若い人に多いと思いますが、ついはしゃいでお酒を飲みすぎて気分が悪くなってしまう人もいるかもしれません。そういったときにもビニール袋はとても便利ですよ。

小さく折りたたんでおけば邪魔になりません!

4.洗濯バサミ

浴衣を着ている女性がお手洗いに行きたいと思った時に、汚れを気にして入りづらいということがあります。

そんな時には浴衣をくるっと折り返して二か所くらい洗濯バサミでぱちっととめましょう。

こうすることで汚れを気にすることなくトイレに入れます。

5.絆創膏

浴衣を着て下駄を履いているとどうしても、鼻緒の部分の指が靴ずれして痛くなってしまいます。

そんな時のために少し多めに絆創膏を持っていきましょう。
最初からつけていくのもお勧めです。

また鼻緒クッションも市販されています。
パフィージェル トングミニ クリアー

おわりに

以上5つのものを紹介しましたが、どれも持っていくのにかさばらないものです。

ぜひこの5つを忘れずに持って行って思う存分花火大会を楽しんできて下さいね!

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121213141615 50c9649fb94a1

本記事は、2012年12月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る