生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. おしゃれと節約を両立する秘訣

おしゃれと節約を両立する秘訣

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

おしゃれが好きな人、ファッションに興味がある人は、知らず知らずのうちに、たくさんの洋服や小物が増えていきます。それと同時に、ファッションにかけるお金がかさんでいきますよね。

そこで、今回は、相反するとも思われる、おしゃれと節約を両立するための秘訣をご紹介します。

整理収納は節約の近道

整理収納するということは、持ち物すべてに使いやすい指定席を与えるということです。指定席に必要なモノと量が収まっていれば、足りていることがわかるので、余分なモノを買わなくなります。

また、整理しておらず、見つからないために無いと思って2重3重に同じ物を買うようなこともなくなります。よって、節約につながっていきます。

自分の持ち物を総点検しよう

自分の持ち物を知らなければ、何が必要で何が不要かを把握することが難しくなります。まずは、整理する前に、自分の持ち物を全て知ることから始めましょう。

要らないモノは思い切って処分

総点検できたら、必要なもの、不要なものに分けます。そこででてきた不要なものは、思い切って処分しましょう。

捨てるつらさを経験する

その時、要らないとわかっていても『ああ、これ高かったのに・・・もったいない!』などとつらい思いもするでしょう。だから、次から同じ失敗や思いを繰り返すまいと思い、無駄なモノを買わなくなるのです。

逆に捨てるつらさを経験しなければ、懲りずにまた無駄なモノを増やし続ける可能性があります。

処分の仕方もいろいろ

しかし、処分といってもいろいろな方法があります。例えば、まだ着ることができるのに、自分の趣味に合わなくなってしまった洋服の場合、リサイクルショップなどで買い取ってくれることもあります。

処分するまで大切に扱おう

捨てることは簡単ですが、エコの観点から見ても、少し手間をかけてリサイクルショップに持っていく、人にあげるなどすれば、洋服も新しい使い道ができ、自分も気持ちが良いと思います。

気に入って買ったものなのですから、処分するまで大切に扱ってあげましょう。

モノの指定席を決めよう

モノそれぞれに、出し入れしやすい指定席を決めてあげましょう。例えば洋服であればアイテム別に、アクセサリーや小物類であれば、わかりやすく掛けて収納するなど、自分の生活スタイルに合わせて指定席を決めます。

使ったら必ず元の位置に戻そう

使ったら元の場所に戻すことを鉄則とすると、どこにいったかわからず、無いと思い込んでまた買う、ということを防げます。

モノを増やす時は慎重に

また、モノを増やす時は慎重に。これは本当に必要?どうしても今じゃないといけないのか、と買う時にいちど、自分に問いかけてみてください。安かったから、など衝動的に買うことを防いでくれることと思います。

1個買ったら1個減らす

そして、慎重に考えて1個買ったら、不要なものを1個減らす、など適量を保つのが快適収納を保つコツです。

おわりに

このように考えていくと、「おしゃれと節約の両立」というのは、買うことを無理やりにがまんすることではないと思います。

買ってはいけない、ということではなく、買う前に、自分の持ち物や状況を知った上でいるか、いらないかの判断をすること、身の回りをスッキリと整理整頓することを心がけるだけなのです。

ちょっとした心がけで、よりおしゃれが楽しくなりますように。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101007164352

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る