生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3. カリスマ営業マンのカバンの中身

カリスマ営業マンのカバンの中身

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

営業するにあたって大事な事は社会人としてのマナーと身だしなみ。

カリスマ営業マンになるには、鞄の中に入れておきたいアイテムがあります。

必須アイテム

  • 携帯歯ブラシ
  • 爪楊枝
  • クシ
  • 携帯鏡
  • ハンカチ
  • ティッシュ(街中で配っているもので良い)
  • メモ帳
  • クリアファイル

やり方

まず、ティッシュ以外のアイテムは全部、こだわりを持って購入しましょう。

爪楊枝などを入れる「爪楊枝携帯入れ物」などもセンスの良いものを選んで買いましょう。

あくまでも自分のセンスでOKです。

ただし、家にあるものを使うのではなく「わざわざ」買いに行って下さい。

STEP1 爪楊枝の活躍の場

営業はお客様とランチや飲み会といった会食の場が多いです。

時々、歯に何か詰ってしまってもお店に爪楊枝が置いてない事ってありますよね?

そんな時、爪楊枝を携帯していると便利です。

自分にとっても便利ですが、お客様が「あれ?この店、爪楊枝無いね」と言った時、「これお使い下さい」と差し出すと良いでしょう。

STEP2 携帯歯ブラシとクシ

営業に限らず、社会人として人と接する時のマナーとして必須アイテムになってきます。
口の臭いや髪の乱れなどは普段から気をつけておきましょう。

STEP3 ハンカチとティッシュ

営業は外出する事が多いです。

夏場は勿論ですが、冬場でも汗をかく事があります。

そんな時、手で拭ったりせずハンカチは常に2枚携帯しておくと良いでしょう。

清潔感がカリスマ営業への第1歩です。

STEP4 メモ帳とクリアファイル

社会人にとってメモ帳は必須中の必須アイテムです。

忘れてはいけない事を必ずメモする習慣をつけて下さい。

なので、メモ帳を購入する際には、書きやすいもの持ち歩きやすいものと言った自分のこだわりを持って購入すると良いでしょう。

また、クリアファイルは、お客様から裸で預かった資料など汚さない為にも、常に鞄の中に空クリアファイルを持ち歩いていると良いです。

おわりに

社会人として基本を守っている人が、実はカリスマ営業マンだったりします。

特別な事、特別な物を持ち歩くのではなく、ごく当たり前のアイテムにどれだけ自分のこだわりを持てるかの方が大事です。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101005071629

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る