生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 好きなものを食べながら肥満を予防する方法

好きなものを食べながら肥満を予防する方法

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

肥満やダイエットは気になるけどおいしいものは食べたいですよね?そこで、好きなものを食べながら肥満を予防する方法を紹介したいと思います。

食事

肥満は遺伝的、体質的原因もありますが、食事を中心とした生活習慣の見直しと改善で、多くは予防することができます。

ポイント1

体重計とできれば体脂肪計を用意し、自分の現在の体重、体脂肪値を知り、さらに基礎代謝量を調べましょう。

ポイント2

体重は朝と寝る前に量り、記録することで自己管理に役立ちます。

ポイント3

一日の食事は、自分の基礎代謝と運動などによるエネルギー消費量を考え、をカロリーオーバーにならないようにします。

ポイント4

偏食やまとめ喰いや夜9時以降に食べることは避けて、それぞれの栄養素をバランスよく摂ることが大切です。

運動

1日30分くらい、ウォーキング(早足)や自転車や水泳など、軽く息がはずんで汗ばむ程度の運動をすれば、肥満の予防とストレスの解消にもなります。

ストレッチや体操やウェイトトレーニングで筋肉量を増やせば、基礎代謝量が増えて食べても肥満になりにくい体になります。

毎日が無理なら週3回、1回1時間くらい運動をするようにしましょう。

睡眠と入浴

たっぷりと睡眠をとることと、寝る前の半身浴は代謝を上げる効果があります。

入浴の最大のメリットは、全身の血行をよくすることです。シャワーだけではなく、湯船につかることで、老廃物が取り除かれ、代謝がアップします。

毛穴の汚れが落ちたり、リラックスしてストレスも和らぐので、入浴にはダイエット、高い美肌効果もあります。

お風呂に入ると肌が柔らかくなるので、古い角質がとれやすく、脂肪がやわらかくなるため、運動する際に脂肪が落ちやすくなります。

おわりに

いずれも無理せずストレスにならない程度に行うことが大切です。食べないことはストレスになるので、好きなものを食べるタイミングや量に注意しながら自己管理できることが肥満予防の秘訣です。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101004201909

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る