生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. きれいな字に見せる3つのポイント

きれいな字に見せる3つのポイント

2012年10月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

字を書くのが下手で手紙や書類を書くときに恥ずかしい。

そんな方に朗報です。実は文章をキレイに見せるポイントがあります。

ここで大事なのは字をキレイに書くのではなく、今のあなたの文字のままでキレイに見せる方法だという点です。

ポイントその1 ひらがなは小さめに書く

ひらがなは形がシンプルな分、漢字に比べて大きく見えるようになっています。

ですから、ひらがなを書く場合は漢字より小さめに書けば全体の文字の大きさが揃っているように見えます。

文字の大きさが揃った文章はとても読みやすくなります。

また、画数の少ない「大」や「子」などはひらがな同様大きく見えるので気持ち小さめに書くようにしましょう。

ポイントその2 文字の中心を意識

文字を書くときにその文字の中心を意識しましょう。

↑少し分かりづらいですが、文字には中心があり美しい文字の正しい中心が分かるとキレイな字が書きやすくなります。

中心をとらえることができれば、自然と全体のバランスが取れてきます。

中心が分からない文字があればパソコンの文字などを参考に書いてみるのもいいかもしれませんね。

ポイントその3 字間を揃える

字間が均等になるように意識しましょう。

文章が読みにくい人はたいてい字間が揃っていません。字間が揃っていないと読者に乱雑な印象を与え、よくありません。

字間は意識すれば簡単に揃えることができるのでぜひ挑戦してみましょう。

これを意識すればぐっと読みやすい文章になりますよ。

おわりに

パソコンが普及した現在、文章を書く機会はめっきり減りました。ですが、そういう時代だからこそ文章をきれいに見せることは重要になっていると思います。

ぜひ、この3ポイントを意識してみてくださいね!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100930164455
  • 20101002134023

本記事は、2012年10月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る