生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 意外と知られてないビジネスメールのマナー法

意外と知られてないビジネスメールのマナー法

2010年10月07日作成

 views

はじめに

最近ではビジネスの場でもメールを利用する機会が多くなってきていますが、メールならではの独特のマナーがあるのはご存知でしょうか。

そこで今回はビジネスメールのマナーの基本を紹介しますので是非役立ててくださいね。

意外と知られてないビジネスメールのマナー法

 使用してはならない文字

日本における電子メールの規約では、半角カタカナは使用してはいけない事になっています。

またローマ数字、括弧付き省略文字、単位記号などの機種依存文字は使用しないのが鉄則です。文字化けを起こして読めない可能性がでてきてしまうからです。

 題名の記入

題名は必ず記入しましょう。題名を記入するときは、メールの内容が分かるように簡潔に書くように注意しましょう。「○○の件」「××に対する質問です」などのように書きましょう。 迷惑メール対策にもなります。

 署名を入れる

自分が何者であるかを相手に伝えるために記入します。少なくとも名前とメールアドレスだけでも記入しましょう。

 1行の文字数

メール本文の1行の最大文字数は、全角で30~35文字程度とすることがマナーです。1行が長いメールだと横スクロールしないと読めないといった場合が生じて読みづらくなりますので、注意しましょう。

 添付ファイルの容量

メール1通の添付ファイルの容量は、50Kbyte以下を目安としましょう。それ以上になると受信相手に対して多大な迷惑をかけることになります。

ですから50Kbyte以上の場合は分割して送信を行うようにするのが基本ですので注意しましょう。

 形式htmlメールや装飾を加えたメールは出さない

ビジネスメールでは、htmlメールは使わないのが鉄則です。初期設定の段階でメールソフトがhtmlメールになっている場合もありますので、ソフトの設定をテキスト形式にした方が良いでしょう。

 おわりに

以上がビジネスメールの基本になりますので是非ビジネスの場で活用してくださいね。

手紙以上に便利なメールですが伝わるのは文章のみになりますので相手に不快な思いをさせないよう丁寧さを心がけることが大事ですね。

本記事は、2010年10月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る