生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3. 「つらいとき」思わず笑っちゃう方法

「つらいとき」思わず笑っちゃう方法

2013年12月20日更新

 views

お気に入り

はじめに

どんな人でも「つらいとき」があるものです。病気じゃないけれど、思い悩み体調までおかしくなってしまったりします。鏡を見てはため息ばかり…。秋は特に感傷的になりがちでもありますね。

そんな時に、あまりのばかばかしさに「ぷっ」と吹き出してしまうという方法をお教えします。カンタンだけれど、あまりやる人がいない。そして効果満点!

用意するもの

  • 化粧道具(もしくは肌にペイントできる絵の具)
  • 鏡(両手が使えるものがよい)

方法

ヘン顔を描きましょう

とにかく思う限りのヘン顔を、鏡を見ながら自分の顔に描いてみてください。極太眉毛とかバカボンパパの鼻毛(これはかなり効果的です)とか、ぐるぐるほっぺとか、巨大タラコ唇など。

もうそれだけで、かなり笑ってしまいます。あまりのアホらしさに、何を悩んでいたのか忘れます。

誰かに見せましょう

自分で笑うだけでもいいのですが、せっかくなので家族に見せましょう。近くに人がいない場合には携帯電話で撮影し、送ってみます。これはかなりウケます。

その後、宴会などで盛り上がりに欠ける時に、捨て身で見せれば友達(但しあくまで友達)が増えるでしょう。

(イラスト by.作者)

うっかり、そのまま出かけないように

落とします

ゴシゴシと(肌に悪くない程度に)洗うと、あら、すっきり!!

お肌の弱い方は

もうひとつの方法として、愛犬(猫)のヘン顔を撮影して、いつも持ち歩くという手もあります。なんとなく落ち込んだ時に、さっと携帯かプリントを取り出すと自然に笑顔に…。

おわりに

なんてアホらしいと思った方もいらっしゃるでしょう。けれど以前落ち込んでいた時、友人がはげましメールと一緒に、この写真を送ってくれて思わず笑っている自分がいました。

人間笑えれば、けっこうなんとかなるものです。ぜひ、お試しください。勇気のある方はブログに載せてみてください。流行の「スッピン」より、話題になるでしょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101006212156
  • 20101006144220

本記事は、2013年12月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る