生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. ビジネスで必要な宛名書きの正しい方法

ビジネスで必要な宛名書きの正しい方法

2014年01月17日更新

 views

お気に入り

はじめに

日常での手紙のやりとりでは、宛名書きは「(相手の氏名)様」になります。

個人ではなく組織に対しては「(相手の組織)御中」です。ビジネスの場では、組織と個人の組み合わせが生じてくるので、以下の注意が必要です。

ポイント1 組織に対して

個人ではなく組織に対しては「(先方の組織)御中」になります。

会社宛て

株式会社を(株)などと省略せず、「株式会社」と正式名称で書くのが正式です。

  • (例)株式会社○○製作所 御中
  • (例)有限会社□□電気店 御中

部署宛て

会社名は長くなりがちなので、部署名を改行しても大丈夫です。(改行の意味で「/」を用いています)

  • (例)株式会社○○製作所/営業部 営業一課 御中

  

ポイント2 個人に対して

相手が個人である場合は「(相手の氏名)様」です。氏名が不明の時なら「ご担当様」というふうになります。順番は「組織名」→「氏名」となります。

肩書きや役職のある相手宛て

会社名、部署名を先に書きます。そこで改行します。肩書き、役職名を書き、「(相手の氏名)様」と書きます。(改行の意味で「/」を用いています)

  • (例)株式会社○○製作所/代表取締役 ○○ ○様
  • (例)株式会社○○製作所営業部/部長 □□ □様

担当者宛て

会社名、部署名を書きます。そこで改行します。「(相手の氏名)様」と書きます。(改行の意味で「/」を用いています)

  • (例)株式会社○○製作所/営業部営業一課/□□□□様

担当者氏名が不明の場合は、

  • (例)株式会社○○製作所/人事部/採用ご担当様

ポイント3 一通の宛名に一つだけ

一通の宛名において、「御中」と「様」は重複させません。先方の宛名として最後に書く名前の分類で決定します。

宛名が「会社」「部署」で止まれば「御中」です。人の氏名を書くときは「様」です。

おわりに

よく言われるのが「会社(組織)御中」「(会社肩書)相手様」です。宛名書きでは、常にどちらか一つだけの選択です。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101006213322

本記事は、2014年01月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る