生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. ランニングを挫折しないために気を付けるポイント

ランニングを挫折しないために気を付けるポイント

2012年09月10日更新

 views

お気に入り

はじめに

ランニングはメタボ防止や健康づくりに最適な運動ですよね。毎日せっせとランニングに励んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

でも途中で挫折してしまう方も少なくありません。理由は様々ですが、せっかく今まで培ってきた結果を、みすみす無駄にしてしまうことだけは避けなければなりません。

そこでこの「ランニングを挫折しないために気を付けるポイント」を参考にして、自身のメンタル面を今一度見つめなおしてみましょう。

ポイント

基本的なことであると同時に大切なことを下にまとめてみました。この他にもランニング初心者のための持久力アップ法効果的なランニングを行うための食事法マラソン完走を目指すランニング法などを参考にしてみてくださいね。

効果が出ない

最も多い理由がこれなのではないでしょうか。

  • 体重が減らない
  • 体脂肪率・量が減らない
  • 見た目に変化が無い

などが挙げられますが、そもそも有酸素運動というものは結果はなかなか出にくいものです。脂肪が燃焼するには時間が掛かりますし、少しずつしか燃焼していかないためです。走った後に体重を計測しても、減っているのは汗で流れた水分だけです。

大切なのは単純ですが続けることです。毎日でも1日おきでも2日おきでも構いません。結果は後から付いてくると思えれば、続けようという気持ちにもなれますよね。

外に出られない

ランニングを途中で挫折してしまう方に共通しているのは、毎日毎日走らなければいけないという意識に囚われすぎてしまうことです。

一日だけ雨が降ったり何日も降り続けたりすると外に出るのが億劫になって、そのまま止めてしまうケースも多いのではないでしょうか。また無理をして長距離を長時間かけて走り、それが元で怪我をして走れなくなり止めてしまう場合も多いですよね。

こういう時は休めという意味だと前向きに捉えて、しっかりと休息に充てましょう。体を休めることも運動の一環ですし、家で簡単な筋力トレーニングやストレッチ、ヨガができると考えれば良いのです。

時間が無い

よく走る時間や暇が無いという方がいらっしゃいますが、これは単なる言い訳の可能性が高いですね。

体脂肪は有酸素運動を始めてから約20分で燃焼し始めるといいます。1日は24時間あるので、このうち30分程度走るだけでも大いに効果が期待できます。

30分程度なら毎日の生活を見直して、空いた時間を見つけて有効活用できるのではないでしょうか。

おわりに

今日走れなかったからといってそのままズルズル行ってしまうのではなく、

  • じゃあ次の日はほんの少し多めに走ろう
  • 今日は軽めにしよう
  • 今日はいつもとは違う道を走ろう

と変化をつけてみるのもすごく楽しいですよ。

一番大切なのは、走ることを心から楽しむということですからね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101006214410

本記事は、2012年09月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る