生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 子供の勉強習慣をつくる方法

子供の勉強習慣をつくる方法

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

子供の勉強習慣を作るのは、勉強と成績がくっついて意識できる前に作っておくほうが楽だと思います。

その方法をいくつか書き出してみました。

勉強=嫌な事にならないよう気をつける

大人には、なんとなく勉強=嫌な事の印象がありますが、子供のうちには無いと思います。勉強が嫌な事だと匂わせるような発言は避けましょう。

子供の中に勉強=嫌な事の図式が出来上がらないように注意しましょう。

お勉強の時間

おやつが理解できるくらいになったら、お勉強の時間というのも作ってみましょう。

内容は、大人から見たら遊びの範囲でかまいません。子供をその気にさせるお勉強の時間を作ってみましょう。

お絵かきだったり、知育玩具を使っての遊びだったり、おやつの数を数えることだったり、子供が興味を持てる内容にしましょう。

通信学習

小学校に上がってから学校任せで学習させるより、就学前に家庭で学習する習慣を作ってあげる方が、子供に先入観が少ないから良いと思います。

学校にあがると、他の子が、

勉強嫌い。勉強なんて嫌。

とか言い出すと、それを真似したりします。

その前に、癖だけでもつけちゃいましょう。

とはいえ、勉強する習慣をつけようと思っても、させる事に悩んでしまいますよね。そんな時には通信学習に頼るのも手だと思います。

親のチェックと、通信学習の先生のチェックとダブルでチェックが入ると、子供なりにやる気が出るみたいです。

おわりに

家庭によって、親御さんが側にいる時間帯に勉強習慣をつくるのは難しい場合があると思います。

その場合でも、何をしたのか話だけでも聞く時間を作ったり、ノートをやりとりするなどして、コミュニケーションをとるようにしましょう。

がんばったね。

と、ほめて貰えれば、お子さんの気持ちもあがると思います。

ダメだったとしても、「こうすればいいんじゃない?」と、常にアドバイスが貰える環境は、お子さんに安心感を与えると思います。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101006181753

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る