生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ペイントで描けちゃう!イラストウェルカムボードの作り方

ペイントで描けちゃう!イラストウェルカムボードの作り方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

席札 席次表 招待状etc・・・。結婚式の準備をしていると、こうしたペーパーアイテムはホテルに頼むと結構高くつきます。

こうしたものは、なるべく手作りで費用をおさえたいところですが、
リングピロー、ゲストブック、ウェルカムボードも最近では手作りキットが販売されており、購入するより安くおさえることが可能です。

ただ、筆者は前々からウェルカムボードは似顔絵がいいなというこだわりがありました。ですが、似顔絵をプロに依頼すると、A3サイズで約3、4万円するんです。妥当な値段なんだろうけど、 ちょっと高いなぁと思い、自分で絵をかいて印刷することにしました。

もし製作時間があってイラストが得意な方パソコンのペイントを使ってオリジナルのウェルカムボードを作ってみませんか?費用は印刷代だけ!家庭にプリンターがある方は0円で''作れてしまいます。

用意するもの

  • イラストの下書き
  • パソコン
  • スキャナまたはデジカメ
  • タッチパネルで手書きができる機能がある方はSTEP4へ

作り方

STEP1 イラストの下絵を描こう

まずは手書きで、ウェルカムボードのイラスト案を描きます。ただの案なので、広告の裏とか、適当な紙でいいです。旦那さんのリクエストもきけるとなおイイですね。

筆者の場合は旦那さんが趣味でスポーツをしているので、そのユニフォーム姿で描いてほしいというリクエストをいれて、何枚かイラストを描きました。

STEP2 パソコンに取り込む用にイラストを描き直す

先程描いた何枚かのイラストから、描きやすそうなものを選んで、いよいよこれをパソコンに取り込む準備をします。

イラストを分解すると、

  • ①「WELCOME TO OUR WEDDING PARTY」や「HAPPY MARRIGE」などの題字
  • ②「2012年○月×日」などの日付
  • ③「新郎名前+新婦名前」
  • ④「背景」
  • ⑤「人物像」

という構図になってくるかと思われます。

さきほど描いた「イラスト案」を参考に、今度は白い紙に⑤だけを丁寧に描きます。①~④はパソコン上で作成したほうが綺麗で簡単に仕上がりますので、実際にパソコンに取り込むのは⑤、あなたが描いたオリジナルの人物像だけです。

STEP3 パソコンに取り込む

スキャナがある人はそれで、無い方はデジタルカメラで撮影したものを取り込みましょう。その画像をいよいよペイントで編集します。

STEP4 影を消す作業をする

取り込んだ画像は、光の当たり方や紙のしわで、どうしても影が写りこんでしまっているはずです。これを消す作業です。

ペンで書いた部分以外の白い部分を消しゴム(大)でなぞって、消していきます。広範囲の場合は切り取りを利用して、削除を繰り返します。

一番時間がかかるところです。だいたい消えれば、OK。白い部分が少し消えたり、欠けてしまっても、上から描けばOKです。

疲れるので何日かに分けて作業しましょう。もしタッチパネルで手書きの絵が描けるならその方がいいです。

STEP5 下絵が完成したら、背景を作ろう

背景には、青空、星空、ピンクの背景にハートが散っている・・・など色々あるかと思いますが、どれも自分では描かず、グーグルの画像検索などで、フリーのイラストをゲット、それをペイントに張り付けていくという流れです。

「青空 イラスト」で検索すると、出てきます。出てきた画像を張り付け、横に引き伸ばしたり、コピーしてつなげたりしながら、背景を作ります。

引き延ばしなどがうまくできない場合は、「写真テンプレート」や「はがき・テンプレート」などで検索すると、JPEGで作ったイラストをフリーで配布しているサイトが出てきます。

STEP6 題字をワードで作る

wordの、ワードアートで、題字を作成します。ワードアートを右クリックすると、オブジェクトの編集ができ、色や太さ、大きさ、字体など変更できます。こちらをコピーして、ペイント上にて貼り付けします。

貼り付けたものの、サイズが合わない場合は、ペイント上ではなくワードに戻って微妙にサイズ調整、またコピー&貼り付けをしましょう。ペイントで拡大縮小を行うと画素が悪くなります。

日付や新郎新婦の名前など、作成し、同じように貼り付けます。

STEP7:背景、題字を貼り付けて、完成

STEP5で作った背景の上に、STEP4のイラストを貼り付けます。
貼り付ける際は、純色の背景か透明な背景かを選択できるボタンを選択してください。(左のボタン)

STEP8:キャラクターに色を付けます

ここでは簡単な色付けをしていますが、マンガのイラストを参考に影を作ったり、線を描き足したりして、立体感あふれる色付けをするとおすすめです。

ここも凝りだすと、地道な作業になります。筆者はだいたい3、4日に分けてやりました。式の前なのに、疲れないようにご注意ください。

そのあとに、題字や日付をどんどん貼り付けて完成です。

STEP9:印刷屋さんに出す

A3印刷できるプリンターが家に無い場合は、印刷屋さんに出力してもらいましょう。「印刷」で検索すると出てきます。普通紙のA3プリントで十分です。

1枚だけの単数プリントなので、キンコーズが一番安かったかなと思います。ネット上で印刷を頼み、店舗受け取りにして、さらにオンライン値引きのセールをしていたのを利用し、735円ですませました。

また、額ですが、実家にA3の絵を飾っていたので、式の前後だけ貸して~といって立派な額に入れちゃいました、0円。式終了後は、セールを待って、安売りしているイイ額をゲットしました。

おわりに

とにかく時間がかかる作業ですが、トータル印刷代のみで済むという、ミラクル技です。高いイラストソフトを持っていなくても、扱える技術がなくても、普段からイラストを描くのが好きな人や、ペイントでお絵かきして遊んでる人、マウスを器用に扱える人には、ぜひおすすめです。

思い出になりますので、がんばってみてください。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121211115426 50c6a062e8c2f
  • 20121211103918 50c68ec6283b4
  • 20121211104244 50c68f940a602
  • 20121211110201 50c6941928c96
  • 20121211112359 50c6993fcea53
  • 20121211113821 50c69c9d5a367
  • 20121211115426 50c6a062e8c2f

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る