生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 押し入れを無駄なく収納に使う方法

押し入れを無駄なく収納に使う方法

2010年10月06日作成

 views

押入れは家の収納スペースの中で一番容量があり、抜群の収納力を持っています。しかし、上手に使えている人はとても少なく、困っている人がほとんどなのではないでしょうか。

それもそのはず、押し入れはもともと『布団』を収納するために造られたため、奥行が深すぎる上に棚板や仕切りが無くて、小さい物を収納するのには向いてないのです。

そこで、今回は、「押し入れを無駄なく収納に使うアイデア収納術」をご紹介します。

目次

押し入れを細かく区切ろう

棚・仕切り・引出しをうまく活用

出し入れのしやすさは、楽に手が届く位置と見やすさで決まります。引き出し式の衣類収納、専用ラック、奥を活用する為に、出し入れしやすいキャスター付きの収納用品などを使って、細かく押し入れを区切りましょう。

軽いものは上、重いものは下に収納すると良いですよ。また、引き出しは目線より下にあると使いやすくなります。

よく使う物は出し入れしやすい位置に

よく着る衣類などはゴールデンゾーンに

手前 一番出し入れが楽なゴールデンゾーンです。日常的によく使う物を収納しましょう。

ここには衣類やよく使う布団の収納に最適です。衣類は引き出しやポールハンガーを使うと便利です。布団だけでは高さが余る場合は、布団の下に奥行きの深い引き出しを入れると空間を有効活用出来ます。

用途別に収納する場所を決めよう

天袋、地袋はほとんど使わない物を

踏み台が無いと出し入れが難しい天袋、地袋には、季節物や思い出の品などのほとんど使わない物の収納に使うのが良いでしょう。重い物はNGです。前面に取っ手のある収納箱が便利です。

下段には上段に置けなかったよく使う物を

下段は、見やすく手を伸ばしたりしゃがんで届く範囲なので、2番目に出し入れが楽な場所です。衣類やアイロン・掃除機・子供のおもちゃなど、上段手前に収納出来なかったよく使う物を収納しましょう。

また、奥には、季節物の衣類や家電などのあまり使わない物を収納しましょう。湿気が溜まりやすいので注意が必要です。奥を活用する為には、出し入れしやすいキャスター付きの収納用品が便利でしょう。

片付けはテトリス。塊で考えよう

押し入れ収納は、場所ごとの使い方のポイントと収納する物の目安をおさえておくことが重要です。部分的ではなく、押し入れひとつ分を一緒に考えると、整理しやすいのではないでしょうか。

(image by PIXTA)

著者:na*

この記事で使われている画像一覧

  • 263cba9a 419f 4490 8811 874e96af8dec thumbnail
  • D96386ed 01f9 4ebf 92dc 9ae9ff4826e8 thumbnail
  • 28abaa36 593d 447c 9485 a5d581f13639 thumbnail
  • E86cb279 f1a0 4d6f b92e b0e80c98fc55 thumbnail
  • 4107bb1f e366 4ea8 ade5 31ccaccdd71c thumbnail
  • 82d5e4dc 7861 4da5 9517 5ac011e5c67b thumbnail

本記事は、2010年10月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る