生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 匂いがこもらないクローゼットの収納方法

匂いがこもらないクローゼットの収納方法

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

クローゼットはドアを締め切った状態になっています。衣替えで久しぶりに衣類を出したとき、きれいに洗濯しておいたはずなのに微妙な匂いがするときがありませんか。

脱臭剤や消臭剤も効果的ですが、「収納」と「換気」のコツを覚えておくと、匂いがこもらないクローゼットになります。

収納のコツ

物を押し込めないのがコツです。

隙間を作る

ハンガーにかけて衣服を収納するとき、ハンガーのかけすぎに注意します。

ハンガーの出し入れのときに、ハンガーを左右に振って衣服を寄せないようにしましょう。ふわっと、させていることがコツです。

厚く(太く)する

ハンガーにかけたままだと、ハンガーの形にシワがよります。そこで、「型」のラインを崩したくない服の場合は、サランラップの芯を利用します。

サランラップの芯に割れ目を入れれば、ハンガーの線に沿ってピタッとはまります。芯の長さはハンガーにあわせて調整しましょう。

ジャケットやブラウスには、ハンガーの斜線部分に使用します。ズボンには、ハンガーの平行線部分に使用します。

二段式ハンガー

ハンガーにハンガーをかけて、二段式、三段式にできるタイプがあります。特にスカートの収納の場合には、効果的です。クリップ式のハンガーに多いです。

ロングスカートに使用したハンガーに、ミニスカートのハンガーを下げるようにしていくと、スカート1着分のスペースで、2~4着ほど収納できます。

ズボンに応用する場合は、スーツは直立状態にします。ジーンズなどカジュアルなものを、目立たない位置で折って、順に下のハンガーにかけます。

換気のコツ

快晴の低湿度の昼

晴れた日の、湿度の低い日に換気します。部屋の窓を閉めた状態でクローゼットの扉をあけましょう。砂埃の侵入を防ぎながら換気が出来ます。

防虫剤を引き出しに

クローゼットの換気中は、可能ならば防虫剤を引き出しにしまっておきましょう。風にあたることで効果が弱まるのを防げます。

雨あがりと夜は避ける

雨あがりは空気中に蒸発した湿度があります。夜は、寝ている人の発汗作用の湿度が吸収されやすいです。夜、睡眠中の換気は控えましょう。

おわりに

ゆるやかな収納と、換気が、防虫剤や消臭剤の効果も高めてくれるので、ますます匂いがこもりにくいクローゼットになります。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101006010942

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る