生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 日帰りで行く広島県のスーパー銭湯 「神楽門前湯治村」

日帰りで行く広島県のスーパー銭湯 「神楽門前湯治村」

2012年12月10日更新

 views

お気に入り

はじめに

日帰りで楽しめるスーパー銭湯は家族でも友人でも恋人でも楽しい時間をすごすことが出来る身近なレジャーとして全国に定着していますね。

筆者は広島県在住です。広島県の中山間部にある「神楽門前湯治村」をお薦めスーパー銭湯としてご紹介します。

「神楽門前湯治村」のすごいところ

1:「神楽ドーム」で神楽の上演が楽しめます

屋根は東京ドームと同じ膜を張ったドーム式で、最大3千人(椅子席時)もの人々が快適に舞台を観賞することができます。

毎週末の定期公演をはじめ、神楽大会など一年を通して華麗な神楽が上演されています。

神楽は、島根県の出雲流神楽(神の降臨を願うのに必要な儀式的な手続きを神楽に仕立てた「儀式舞」と、降臨を願った神を慰めるために神の威徳を褒めたたえる内容を劇化した「能舞」からなる)が石見神楽を経て、江戸期にこの地域に伝えられたものです。

特に広島県の中山間部はこの神楽が大変盛んです。

とてもストーリー性が豊富で、大江山の酒天童子や出雲の八岐大蛇を退治したスサノオノミコトの伝説をテーマにしたりとバリエーションも多彩で、とてもスリリングで華麗なものです。

今や舞子さんの「追っかけ」さんもいるくらいです。

この神楽を楽しみつつ、お風呂をいただく。これはたまりませんよ。

2:映画「ALWAYS三丁目の夕日」を彷彿とさせる街並

まるで昭和30年代にタイムスリップしたかのような町が再現されています。

ただ街並を再現しただけではなく、ここでいろんなお店があります。

山の幸、里の幸を使った田舎料理の店や、格子づくりの宿屋が軒を連ねる昔ながらの湯治村です。

3:そして本命の銭湯です。

「岩戸屋」という銭湯があります。

  • 大人(中学生以上):700円(税込)
  • こども(4才~小学生):400円(税込)
  • 幼児(4才未満):無料
  • ※割引制度:65才以上の高齢者と身障者は600円(税込)

となってます。

サウナや露天風呂もあります。筆者が大好きなのは晩秋の紅葉の時期です。顔面は寒くお湯は温かく、もうたまりませんよ。

4:楽しみ方の一例

  • お昼前に到着
  • 鹿肉やいのしし肉などの山里料理で昼食をいただきます。
  • そしてお風呂で入浴。
  • 湯あがりに「神楽ドーム」で神楽を楽しみます。
  • 再度お風呂で入浴します。
  • 休憩所でゴロゴロします。
  • 余裕があれば一泊します。

これはたまりませんよ。

おわりに

神楽を楽しんでお風呂で湯治とは他では味わうことが出来ないでしょう。

ぜひ一度行ってみてください。

詳しくは、「神楽門前湯治村」のサイトをご確認ください。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121210140722 50c56e0ab6c94

本記事は、2012年12月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る