生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 乳児・幼児とおでかけする時、持って行くべきもの

乳児・幼児とおでかけする時、持って行くべきもの

2012年09月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

お子さんと楽しいお出かけ。ママの持ち物として基本的なものを紹介します。

今回のお子さんの対象年齢は0~2歳とします。

持っていかなければ困るもの

おむつ

忘れることはないと思いますが、数が重要です。現地で調達できることが確実な場合は少し減らしても構いませんが、車で出かけるときは渋滞を予想して多めに持ってきましょう。また、使用済みのおむつを捨てる、透けないゴミ袋もわすれずに。

遊園地や森林散策など、駐車場にすぐ戻れない場所に行く場合は、荷物が多くなることは覚悟しましょう。お子さんが歩ける歳ならば、リュックを背負わせてその中におむつを3つ程入れてしまいましょう。

ウェットティッシュと普通のティッシュ

ウェットティッシュと普通のティッシュを持って行きましょう。この2つは役目が違うものなので、両方必要です。おむつ交換の時や、食事の時に使いましょう。

ウェットティッシュにかぶれやすいお子さんには、ウェットティッシュで拭いた後、普通のティッシュで拭いてあげるといいでしょう。

離乳食セット・軽食

お子さんの年齢に応じて、必要ならば持って行きましょう。意外と売っていません。水筒には熱湯を入れておきましょう。熱過ぎるならば冷ませばいいので、ぬるま湯にする必要はありません。

持って行くと便利なもの

おもちゃ

ドライブの渋滞が一番の退屈の元です。お気に入りのおもちゃで、かさばらず、そして長く遊べるおもちゃを持ってきましょう。小さなぬいぐるみやミニカーなど、想像で遊べるものがお奨めです。

着替え

アクシデントは常に起こりうるものです。着替えを持って入れば安心ですし、お子さんが服を汚してしまったときの、ママのイライラを防ぐことにもなります。可能ならば靴も持っていくと安心です。

その際、汚した服を入れるビニール袋も忘れずに持って行きましょう。

さいごに

重い物はだんな様に持っていただきましょう。遠慮なくお願いしましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101005110038

本記事は、2012年09月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る