生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 意志が弱い人がムリせず楽に禁煙する方法

意志が弱い人がムリせず楽に禁煙する方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

タバコが、どんどん値上がりしていきますね。ヘビースモーカーは、下手をしたら一月のタバコ代だけで、昼飯代を上回るなどという話もでています。

独身なら、まだしも、家庭のある小遣い制のサラリーマンお父さんにとっては肩身の狭い思いをしながら、タバコを吸わないといけません。

そんな精神状態でタバコを吸うくらいなら、いっそのこと健康のためにもスッパリ禁煙しようと思っている方へ、『ムリせず楽に禁煙する』方法をお伝えします。

この方法を使えば、

ストレスがたまり、もらいタバコをして結局は辞めれませんでした

とならずに、自然とタバコの本数が減り、最終的に体内からニコチンを減らしていきタバコへの依存状態が解消しやすくなると思います。

他にも役に立つ禁煙・節煙のハウツーをチェック!
これで安心!禁煙・節煙のハウツーまとめ

携帯するものとしないもの

ムリせず楽に禁煙するためには、あなたは『ある物』を持つのを辞め、『ある物』を持ち歩くようにします。これが、まずは必要な準備になります。

携帯灰皿を持ち歩かない

いつでもどこでも、吸える癖を取り除くためになります。今は、一歩家の外に出れば、喫煙スペースは分離されているので探さないと見つかりにくかったりしますので、禁煙には絶好のタイミングです。

タスポを持ち歩かない

どこでもタバコを買えるという習慣を変えるためです。不便や面倒を感じると、人はその行動を避けるように自然となっていくからです。

小型のハサミを持ち歩く

この後のステップで話しますが、吸っているタバコを途中で切るためです。切れさえすれば、カッタ―でもなんでもOKです。

タバコの箱には、3本以上タバコを持ち歩かない

3本というのは、特に理由はありません。5本でも10本でも良いのですが、できるだけたくさん持ち歩かないようにするのがポイントです。

やり方

まずは、持ち歩くものと持ち歩かないものを必ず、やってください。その状態で、次にタバコを吸いながら、徐々に自然に辞めていく方法をステップバイステップでお伝えしていきます。

一気に、「じゃ、明日から禁煙しよう」ではなく、徐々に本数を減らしていきますので、かならず以下のステップでやってみてください。もちろん、よほど意志が強い方はここまでする必要はないと思います。

STEP1:タバコを吸う時の場所や時間を詳細に書き出す

まずは、あなたがタバコを吸う時間や場所、それに瞬間を明確に1日単位で書き出してみてください。

吸う瞬間というのは、「朝起きたら」とか「夜寝る前」とか「お酒を飲みにいったら」とか具体的な瞬間です。無意識にタバコに火をつけてしまう瞬間と考えてもOKです。

例:朝6時、起床と同時、めざましテレビをつけながらコーヒーを方手にタバコを1本…という形で具体的に明瞭にイメージできるくらい詳細に書き出してください。

STEP2:上記で書き出した習慣を180度変える

ステップ1で具体的なタバコを吸う日常のパターンが見えてきたら、今度はそのパターンを全く変えます。

例えば、朝起きてコーヒーを飲みながら一服するというなら、まずはそのコーヒーを淹れるのをやめて、見ているテレビも変えてしまうということです。

職場の自販機で、缶コーヒーを買って休憩時間にタバコ室へいくという習慣の場合は、まずは休憩時間になったら、自販機にいかないとかいっても、買う飲み物はお茶か水にするなどに変えていきます。

まずは、このように、あなたがタバコに火をつけ吸うという行動と密接に関係している習慣を断ったり変えたりすることです。人間は、習慣の生き物なので条件反射的にタバコを無駄に吸っていることがたくさんあるのです。

STEP3:タバコは、3口まで

習慣を変えたら、次にやることは、タバコを吸うときの吸い方を変えていきます。

ポイントは、3口(3回)吸ったら、火がついている部分から下をハサミで切ってしまって強制的に終了をします。なぜなら、タバコを吸って一服して気持ちいと感じるのは、大抵3口から、4口くらいで後は、惰性で最後まで吸っていることが多いからなのです。

飲み会などで、手持ちぶさたでタバコにひたすら火をつけた記憶もあるかと思います。

3口くらい吸って、ハサミで切るという作業をやると、1日にタバコを吸う回数はいままでと変わらなくても、1日に吸う本数が減ります。これを数日繰り返します。

おわりに

以上の3つのステップで、タバコと密接に関係している習慣をかえて、タバコそのものの吸い方を変えていくことで、徐々にムリなく楽にタバコの本数を減らしていくことができます。

本数が減って、体からニコチンの量が減ってきた時点で、さらにステップ1で書き出したタバコを吸う習慣を見直したものを、さらに見直し、続けてタバコを買うという習慣を断ってしまうと完全に禁煙の完成です。

1本のタバコを3回吸っても、同じリラックスできるという実感ができてきたらタバコを吸うかわりに、外にでて綺麗な空気を吸うとか他の行動をとってタバコから遠ざかるようにしていきます。

これが、タバコを吸いながら、少しずつニコチン依存を減らしていき、ムリなく禁煙する方法です。禁煙グッズにお金をかけるのは、この方法を試した後は良いかもしれません。お金もかからず、意志が弱い人でも十分できることですよ。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/05/08-019198.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20101004155322

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る