生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. インターネット専用の預金・取引口座の開設体験談

インターネット専用の預金・取引口座の開設体験談

2013年11月07日更新

 views

お気に入り

はじめに

最近ではインターネットを使って報酬をもらえるサービスが増えましたね。インターネット銀行を活用するとさらに効率よくなることがあります。そこで今回は、筆者がインターネット銀行の口座を開設した際の開設方法を紹介します。

開設した銀行形態と口座名

ネット専用銀行の普通預金口座…「ジャパンネット銀行」の場合について

準備するもの

  • パソコン…口座開設申込手続全般。
  • プリンター…ダウンロードした申込書類・台紙・封筒を印刷、台紙に貼る本人確認証(運転免許証・保険証など)の印刷。
  • 本人確認証…運転免許証・保険証など。
  • のり…ダウンロードした送信用封筒の組み立て。

預金口座を開設にいたった経緯とその理由

インターネットでのアンケート回答や各種投稿サイトで得た報酬を受け取るには、どのような形態の口座が良いのかを色々な角度から考えてみました。

その結果、旧来から開設している預金口座(インターネットではない)はそのままにしておくということになり、新たにネット専用の預金口座の開設にいたりました。

更に今回開設したもう一つの理由は、旧来から株取引を行っていた証券会社とも直結しており、自由な時間にオンライン取引ができるということでもあります。

開設したきっかけとその申込手順

STEP1

インターネットのアンケートサイトを開いていたとき、そのページの中に、たまたま、当ネット銀行の開設募集のCMバナーがあるのを見つけました。即クリックし、利用規約などを読み、確認しました。

STEP2

口座開設希望する方は「申込書」をダウンロードし、各項目を全て入力し登録内容を確認することになりますが、「申込内容修正依頼書」が表示され、修正ができます

STEP3

ダウンロードしますともう一つの書類「本人確認資料添付台紙」(口座開設用)が用意されます。この中には、受付番号が既に記載されており、「自分の署名」と「本人確認資料(運転免許証、保険証など)」を台紙にのりで貼るようになっています。

STEP4

前記台紙を郵送する封筒もダウンロードされますので、指示に従って、組み立てます。

STEP5

組み立てた封筒に「本人確認資料添付台紙」を入れポストに投函します。

STEP6

申込数日後「キャッシュカード」と「ワンタイムパスワード発生器」が届きます。

「キャッシュカード」の自分の名前、口座番号など確認します。「ワンタイムパスワード」発生器などという聞きなれないものがあります。これは簡単に言えば、その時だけの自分だけが持つパスワードです。

つまり、60秒ごとに6桁の数字を器具で、使用時に表示される数字がパスワードになるということで、常時決められた数字(パスワード)ではないです。

ネット銀行の口座開設のメリット

  • ダウンロードにより「申込内容修正裏遺書」で本人の登録確認ができる。
  • ダウンロードにより「本人確認資料添付台紙」が用意できること。
  • ダウンロードにより「郵送用の組み立て封筒」が用意できること。

注意事項

インターネットで預金口座を開設する際の注意事項としては、初年度は無料ですが、次年度以降は有料というのもあり、注意が必要です。

さらに、入出金の際の手数料が銀行により格差が有る場合もありますので十分注意する必要があります。インターネットでの報酬金は少ないので「入出金の手数料」の差は重要です。

利用規約をよく読んでから、ご自分の用途・目的に合った銀行口座を開設することが求められます。

おわりに

いかがでしたか。少しでも参考になれば幸いです。

空き時間を使ってインターネットでちょっとしたお小遣いを稼ぎながら、人生を楽しみましょう。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121208085944 50c282f0c6d89

本記事は、2013年11月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る