生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 住宅ローン選びの新常識「安心&お得」を両立させる方法

住宅ローン選びの新常識「安心&お得」を両立させる方法

2012年12月09日作成

 views

多くの人が不動産業者にすすめられるままに住宅ローンを選んでいるというデータがあります。しかし、もっとリスクを小さく、金利をお得にする方法があります。

ここでは住宅ローンの選び方とこれからの時代にマッチしたローンの組み方・返し方新常識をお伝えします。

目次

住宅ローンを選ぶ手順

選ぶといってもどの金融機関がいいかという単純なことではありません。金融機関ありきで選ぶと大抵失敗します。では、どうやって選ぶのか?まずは理想の手順をご覧下さい。

理想の手順

  • 1:借入額を決定する(借りても大丈夫な金額を選ぶ)
  • 2:ローンの組み方、返し方を選択する
  • 3:金利種類を選択する
  • 4:条件の良い金融機関を選ぶ

ともすると4番の金融機関選びから始める、もしくはそれしか検討しない方が少なくありません。しかし、それより大切な基本事項が1~3になりますので、他人まかせにせず、ご自身で十分な理解をすることが大切です。

まずは特に大切な2のローンの組み方、返し方に焦点をあててお話しします。

ローンの組み方・返し方を検討する

ローンの組み方・返し方とは主に借入期間と返済方法の検討です。なぜこれが大切かというと毎月の返済額に大きく影響してくるからです。

返済期間について

月々の返済を減らすなら35年、利息の支払額を減らすなら20年など、短く組むことになります。

当然のように聞こえるかも知れませんが、問題なのは「ただ楽だから35年」「とにかく利息を減らしたいから20年」という安易な理由で決めてしまうと、後で苦労するケースがあるということです。

返済方法について

返済方法についても同じことが言えます。毎月の返済額(元金+利息)がずっと均等になる「元利均等返済」と、元金部分だけがずっと均等になる「元金均等返済」の2種類があります。

それぞれの特徴は以下の通りです。

元利均等返済

毎月の支払額がずっと同じなので、将来の計画が立て易いメリットがある反面、元金返済の進みが遅くなる性質を持つため、利息の支払総額が多くなる弱点があります。

元金均等返済

元金均等返済は元金返済の進みが早い性質を持つため利息の支払総額が少なくなるメリットがあります。しかし当初の返済額が大きくなるためローンが組みづらい、計画が立てにくいといった欠点があります。

さて借入期間と返済方法の基礎が理解できたところで、では一体どうやってローンを組んだら良いのでしょうか?とにかくお得な方法なら元金均等&20年、楽々返済・安心系なら元利均等&35年です。でも自分の返済方法はそれでいいのでしょうか?

それでは「これからの時代にマッチしたローンの組み方・返し方新常識」をお伝えします。

オススメしたいローンの組み方・返し方

収入減少や就職難など先の見えない不透明な時代だからこそ、以下の2点を両立させることが重要です。

  • 環境やライフプランに合わせて返済額がコントロールできる状態を作ること
  • 老後に備えてなるべく早めに完済する、もしくは利息の支払総額を抑えること

え、そんな事できるのかですって?できます!その方法は、こちらです。

安心!スーパーテクニック

35年&元利均等返済でスタートして、毎月の返済額は最低に抑える+繰り上げ返済を駆使して結果20年で完済する!これが、まさに安心かつお得に持っていけるスーパーテクニックです。

これなら「出産で奥様が育休に入った」「今年はボーナスが下がった」「入学費用が想像以上にかかった」「突然の病気で医療費がかさむ中、収入が減った」などなど、不景気&共働き時代に日常茶飯事に起こり得る出来事に見事に対処してくれます。

但し、どうやって繰り上げ返済資金をねん出するか、どのタイミングで繰り上げ返済するかのプランニングが必要です。

おわりに

住宅ローンを選ぶ基準は得か損かももちろん大切ですが、見た目の金利だけで選んではいけません。住宅を購入するという事は家族と安心して暮らすという事。これを忘れずにローン選びをしていただきたいと思います。

あなたの幸せは、その住宅でたくさんの思い出を作って人生を楽しむことではありませんか?本当の損得はあなたの環境によって、ライフプランによって大きく変わるのです。

ファイナンシャルプランナー相談無料のFPバンク|東京駅前

ファイナンシャルプランナー相談無料のFPバンク(東京駅前)は独立系FP事務所です。資産運用や住宅購入・住宅ローン、保険見直し、相続対策等お金のプロのファイナンシャルプランナー・FPが中立な立場で相談し、あなたの財産を増やして守ります。

www.fpbank.co.jp

(image by 写真AC)

この記事で使われている画像一覧

  • A003479e 8c89 4857 8f40 4b3afad213e0

本記事は、2012年12月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る