生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ティッシュの空箱で生ゴミ入れを作る方法

ティッシュの空箱で生ゴミ入れを作る方法

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

ティッシュの空箱を使って生ゴミ入れを作ります。夫婦でキッチンを使用していると、妻の立場とは違った感覚で夫は料理をしてしまうものです。

不器用な夫でも、清潔にキッチンを活用できる工夫として「生ゴミ処理」を簡単に、迅速に、清潔にできるように、ある程度使い回しもできるように。いざとなったら使い捨てに。

子供に料理を教えたり、手伝わせたりするとき、1人に1個与えても便利です。流し台に生ゴミをこぼさないように躾けるときに使い捨てタイプがオススメです。

1年中使用するというよりは、ふだん料理をしない家族がキッチンに入って料理をするときに使うのがメインでいいと思います。

用意するもの

  • ティッシュの空箱
  • ビニール(買物で包んでもらうタイプ)
  • (余りもののサランラップのかけら)

やり方

STEP1

ティッシュの空箱は縦に使います。横より縦にして深さを利用するためです。

ティッシュの空箱の片側の端を開けて、端の部分は中に折り曲げて入れてしまいます。

STEP2

ティッシュの空箱にビニールを入れます。ビニールを中に入れて、中でひろげて、口のところはティッシュの空箱に被せる感じで引っ掛けます。

ティッシュの空箱の深さが丁度いいので、1回1袋だけを使用します。

STEP3

料理などで出る生ごみを入れます。いっぱいになったら袋を閉じてポイと捨てるだけです。

余りもののサランラップのかけらをフタに利用します。フタは透明なもののほうが、フタを開けずに中身を確認できて便利です。

おわりに

妻がゴミを少なくしようとしても、ときどきしか手伝わない夫には、なかなか器用にゴミ減らしができません。

三角コーナーの適正な使用や小まめなゴミ整理が無理でも、ティッシュの空箱でシンプルにゴミ箱を作っておくと、量を気にせずに生ゴミを入れられます。

箱をふたつ使って並べたりなど、広さや目的に合わせて柔軟に対応できることも魅力です。

予備や非常用として作り置きしておくのもオススメです。作り置きの場合は、場所の確保のために、仮の状態で「瓶入れ」「洗剤スプレー入れ」にも役立ちます。
(Photo by 水風 島) 

この記事で使われている画像一覧

  • 20101004043737

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る