生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3. 客の買う気を損ねる接客とは

客の買う気を損ねる接客とは

2013年04月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

誰でも、自分の気に入った商品を気持ちよく買いたいですよね!

上手な接客だと、品物も値段以上に良い物に思え、『良い買い物をした!』と満足感に浸れるのではないでしょうか。

逆に、接客で気分を害して買う気を損ねたという経験はありませんか?
では、どんな接客が買う気を損ねるのでしょうか?

猶予を与えない

お店に入ったら、『いらっしゃいませ。』と声をかけられ、商品を見る間もなく、背後に忍び寄り、販売攻撃の開始。これでは、商品をゆっくり見る時間もないですよね。

あげくの果てに、尾行販売ときては、背後霊に付きまとわれているようで、うざったるさと居心地の悪さで、時には恐怖さえ感じ、その場を早く引き上げたくはなりませんか?

お世辞の連発

褒められるのは、誰でも悪い気はしないものですが、見え透いた、歯の浮くようなお世辞の連発は、気分を害します。買わせようとしている魂胆が見え見えです。

商品の利点ばかり強調する

良い物かどうかは、最終的には、買い手が判断するものです。売り手にはその判断をする手助けになるような上手な接客をしてもらいたいものです。良い点ばかりでなく悪い点(弱点)もあげてほしいと思います。

『良いですよ。お買い得ですよ。』と連呼して、自分のペースに引きずり込んで、買わせてしまうのは、もってのほかです。後日、返品になるケースが大です。

次々に商品を出しまくる

これがダメなら、あれもとばかりに、次々に商品を出し、机の上が山のようになっているなんてことありませんか?

気の弱い人なら、早くこの場から逃れたい一心で、仕方なく商品を購入して、後で後悔することになりかねませんよね。

おわりに

これとは逆に、全然ほったらかしという態度も好ましくはありません。『付きつ離れず』というのが良いように思いますが、皆さんはどうでしょうか?

この記事で使われている画像一覧

  • 20101002135134

本記事は、2013年04月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る