生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 狙い目! 乾季と雨季の谷間のバリ島

狙い目! 乾季と雨季の谷間のバリ島

2012年12月08日作成

 views

お気に入り

目次

思い立ってひとりバリ

バックパックを背負ってのハードな海外旅行が続いたあと、珍しく「何も考えずに素敵な海辺でのんびりしたいな~」と思い立った2009年の夏。

当時していた仕事が、世間が休みのときこそ稼ぎどきだったため、比較的時間ができる10月にまとめて休みを取るのが恒例でした。

リサーチの結果、直行便が格安で見つかり、10月がぎりぎり乾季、というバリ島に決めました。

バリ島は11月~3月が雨季、4月~10月が乾季です。バリ島は南半球に位置しているため、日本とは季節が逆。一番涼しいのは7,8月で、乾季の方が過ごしやすいです。

10月という中途半端な時期のため、友人との旅行は念頭になく、ひとりリゾート。「恋人たちの楽園」という形容詞がついて回るバリ島ですが、ひとりでも楽しめるアクティビティが充実しているので、10日間の滞在中時間を持て余すことはありませんでした。

山も海も満喫の欲バリ滞在

初日は予約していたホテルの送迎車でウブドへ直行。とかく海のイメージが強いバリですが、ウブドで濃い緑の田んぼを眺めながらリラックスするのもいいものです。

ウブドでできること

  • 伝統芸能鑑賞

伝統芸能がさかんなウブドでは、王宮前でのバリダンス、寺院でのケチャダンスなどが毎日のように開催されています。スケジュールなどの詳細は、ホテルのフロントなどで簡単に手に入ります。

  • 街スパめぐり

ウブドには、ホテル直営の高級スパだけでなく、1h/1500円~でマッサージなどをしてもらえる街スパがたくさんあります。いくつか試した中で一番のおすすめはSANg Spa

  • 市場見学

観光客向けの店だけではなく、地元の人が普通に生鮮食品を買いに来るウブド市場は、見ていて飽きないです。カメラ好きにはたまらないでしょう。

滞在中にちょうどジュリア・ロバーツが「食べて、祈って、恋をして」のバリ島ロケをしており、市場での撮影に遭遇したのはラッキーでした。

レンボガン島へ

ウブドを出て、レンボガン島というサヌール沖の小島へ。とにかく海が綺麗で、本島とはまったく違うスノーケリング体験ができました。

わたしが泊まったホテルではスノーケリングツアーを主催しており、参加希望を伝えると、ある程度人数が集まっている日に入れてくれました。

航空券とホテル

航空券

航空券は、トラベルコちゃんという検索サイトで格安航空券を探し、ガルーダ・インドネシア航空の直行便を予約しました。また、SkyScannerという検索サイトもおすすめです。

ホテル

バリ島旅行のテーマが「何も考えずのんびり」だったため、日本ですべての滞在先を予約していくことにしました。

Trip Adviserなどを参考に、口コミで高評価だったテガルサリ(ウブド)、ペニダビュー(サヌール)などをネット予約しました。(booking.com, Hotels.comなど)

テガルサリは田んぼの真ん中に立つ、ウブドではとても人気のあるホテルで、オンシーズンは1年先まで予約でいっぱいだそうです。

かかった費用

日本人・欧米人共に休暇シーズンではないため、とても安く済んだ印象があります。直行便往復で5万円サーチャージ込み(2009年8月当時)でしたし、ホテルの料金もオンシーズンの3割ほど安いということでした。

ホテルは中級ホテルで5000円~10000円、そこそこのレストランで食事をして1000円~1500円くらい。バリ島は最近物価の上昇が激しいらしいので、今はもう少しかかるかもしれません。

また、ヒンドゥー教信仰の土地柄か、お酒(特にワインやスピリッツ)が高く、日本の2倍くらいします。お酒好きにはちょっと残念かも。

バリ島の魅力

バリ島は、リゾートとしての施設が整っており、人も穏やかで、食べ物が美味しい。それだけなら東南アジアなど他地域のリゾートと変わりませんが、伝統的な文化が色濃く残っていて、リゾート+アルファの体験ができるところが素晴らしいです。

それゆえひとりで行っても十分楽しめるリゾートなのだと思います。

まとめ

乾季と雨季の谷間の10月は、天気もまったく問題なく、人気のホテルにもすんなり泊まれて言うことなしでした。おそらく4月のGW前も同じ状態かと思います。

時間がとれる人は、乾季と雨季の谷間を狙ってバリ島に行ってみてはどうでしょうか。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121207194839 50c1c98741023

本記事は、2012年12月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る