生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 食べすぎを防ぐ方法

食べすぎを防ぐ方法

2012年06月18日更新

 views

お気に入り

はじめに

出来ることなら毎食お腹いっぱい食べて、甘~い食後のスイーツで締めたいと思うのは誰もの願いです。

そんな夢のような食生活の後には、恐怖の体重計がまっていることは言うまでもありません。メタボイコール生活習慣病イコール短命という方程式は周知の事実です。

そこで食事量を適量に保ち、出来ればダイエットになるひと工夫を紹介します。

食べること以外に夢中になれることを見つける

暇な時には口に食べ物をいれてしまいがちです。夢中になるモノ(コト)ができると、そちらにのめり込み、間食どころか、3度の食事すら忘れることも出来ますよ。

男性の場合

スポーツを1つ始めてみる

財布と相談しなくてはなりませんが、マラソンなどは、散歩から始めてみればいいし、道具もシューズだけなのでうってつけではないでしょうか。

勝負事(ギャンブルとか)を1つやってみる

くれぐれも夢中になりすぎないように。

女性の場合

お金が大好きになる

お金を使うことに意識が行くと、今までの無駄使いがわかり、節約したいという気持ちになります。

たとえば、交通費を節約できるよう、バス停などは2停留所くらいは歩いてみることはどうでしょう。運動が出来てしかも体力作りにもなります。

ハンドメイドを始めてみる

お裁縫や編み物など、ハンドメイドを始めてみることもいいですね。ミシン縫いの時は、まっすぐ縫おうとして両手を使いますからね。お菓子などに手が伸びません。

男女共通

好きな人をつくる。

恋愛だけではありません。テレビに出ている著名人のファンになることでもいいですよ。その人にいつか自分を見てもらいたいし、見てもらえる時が来るかもしれないとワクワクすることでもいいです。

おわりに

ちょっとした意識の持って行きようで、食べ過ぎって案外簡単に防げるのではないでしょうか。夢中になるものを見つけるって人生でダイエット以外でも大事なことなのですね。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/feastguru_kirti/2225190323/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100930221643

本記事は、2012年06月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る