生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 1日1時間で応用情報技術者試験に合格する方法

1日1時間で応用情報技術者試験に合格する方法

2012年12月07日作成

 views

システムエンジニアとして就職した会社には資格手当がありました。会社が推奨していたこともありますが、収入を増やすという不純な動機で受験しました。

基本情報技術者試験で試験の勉強のコツは掴んでいたので見事1年後に合格することができました。その時の気持ちをまとめたので参考にしてください。

目次

受験までの流れ

STEP1: 一年前から

一日一時間の勉強で合格するために一年前から受験勉強を開始します。応用情報技術者試験を受けるということはある程度の知識は持っているかと思うので、一時間の勉強でも一年前からの勉強で十分間に合うと思います。

STEP2 受験受付開始

IPA 独立行政法人情報処理推進機構ウェブサイトから申し込みができます。

僕は簡単なのでクレジットカードで受験料を支払いました。

受験料は5,100円です。

STEP3: 一か月前

受験票がIPAから送られてきます。写真の用意と無くさないように気を付けましょう。

STEP4: 当日

リラックスして臨みましょう。地味に試験時間は長いです。気を張っていると午後問題は考える系なので頭が回らなくなってきます。

STEP5: 試験後

試験後、合格発表があり、その後合格証書が交付されます。

試験勉強のコツ

1: 一日一種類の勉強を行う

応用情報技術者試験の中でもいくつかジャンル分けができます。データベース系なのかネットワーク系なのかセキュリティー系なのか。

不安であれもこれも勉強したくなりますが時間はあります。一日一つ決めて勉強しましょう。色々手を付けても結局は頭に入りません。

2: 午後問題を重点的に勉強する

記述式と言っても出題の傾向は毎回大きくはかわりません。過去問を中心に午後問題を重点的に勉強しましょう。午前に関しては三か月前から週に三日くらい時間を取れば問題ないはずです。

3: 頭を柔らかくする

応用情報技術者試験は考えなければいけないことが多く出てきます。例えば、午後問題について問題だけでなく、文章からそれが出題される背景まで想像する練習をしましょう。

そうすると少し複雑な問題が出題されても背景から予測して解答を導き出すことができるようになります。

オススメテキスト

僕が勉強をやり込むために使い込んだシリーズのテキストをご紹介します。

午前問題は下記のテキストで進めました。

平成24-25年度 応用情報技術者 試験によくでる問題集 【午前】

全体的な勉強は下記のテキストを使って過去問を何度も繰り返し解きました。過去4回分が収録されているので直近の問題を2回。それ以外の回を3回解答すればほとんどの問題は頭に入ると思います。

記述があると発想が必要と思う方もいるかもしれませんが、試験は基本詰め込みです。ぼんやりと学習しても合格にはつながらないので過去問に絞られているこういったテキストがとても有効だと思います。ぜひ、集中して取り組んでみてください。

平成24年度【秋期】 応用情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験)

おわりに

どの程度僕の考えが参考になるか分かりませんがこれで受験を考えている方の悩みが晴れればと思います。

一度ダメでもまた受験することはできます。時間もお金もかかりますが堅くならずに試験を楽しんで頂ければと思います。

(Photo by ソザイング)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121206132528 50c01e3841f46

本記事は、2012年12月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る