生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. ゴボウのおいしさ再確認! ゴボウの天ぷら2種

ゴボウのおいしさ再確認! ゴボウの天ぷら2種

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

ゴボウが2本あったので天ぷらを作りました。同じ天ぷらばかりだと食べていて飽きてしまうので、下味を付けた天ぷらとゴボウのカリカリ揚げの2種類を作ってみました。

上記の盛りつけ後の写真はキャベツの胡麻醤油和えを添えてみました。

材料 (2人分)

  • ゴボウ:2本
  • めんつゆ:2分の1カップ
  • 水:2カップ
  • 砂糖:大さじ2

天ぷら粉(以下の材料を混ぜます)

  • 薄力粉:1カップ
  • 片栗粉:大さじ2
  • 塩:2つまみほど
  • 水:150cc
  • 酢:大さじ1
まず最初に薄力粉、片栗粉、塩を混ぜて粉を作ります。カリカリ揚げの方はその粉を振りかけます。その後、その粉を水と酢で溶いて天ぷら粉を作ります。

ゴボウの天ぷらの作り方

STEP1: ゴボウの準備

天ぷら粉をつけて揚げるゴボウは皮をそいで斜め切りにし、1部分を残して3つに別れるように切ります。

カリカリ揚げの方はマッチ棒の様な感じに切ります。

そしてどちらも15分ほど水にさらします。

STEP2:下味を付ける

天ぷらとして揚げる方のゴボウには下味を付けます。鍋にめんつゆ、水、砂糖を入れて火にかけます。水にさらしてあったゴボウを入れて20分ほど炊きます。

ゴボウに味が浸みたなら、火を止めてさましておきます。

STEP3: 天ぷら粉の準備

ボールに小麦粉、片栗粉、塩を入れて混ぜます。そして少しを茶こしなどに入れて、カリカリ揚げにするマッチ状のゴボウ(水を切ってキッチンペーパーなどで拭いておきます)にふりかけます。

STEP4: ゴボウを揚げる

最初にカリカリ揚げにするマッチ状のゴボウを180℃ぐらいに熱した油で揚げます。

多少時間を長めに揚げ、カリカリになるようにしましょう。

ボールに残っている天ぷら粉に水、お酢を入れて混ぜます。そして3つ又に切ったゴボウを浸して揚げます。

完成!

カリカリ揚げの方は熱いうちにクレイジーソルトを振っておきます。

天ぷらの方は何もせずに油を切り、盛りつけて完成です。ゴボウのカリカリ揚げの方は、お菓子やお酒のつまみとしても食べられるほどカリカリで香ばしくておいしいです。

ゴボウの天ぷらの方は、下味を付けてあるので何もかけずにそのまま召し上がってください。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121206095826 50bfedb22797d
  • 20121206095944 50bfee00a4973
  • 20121206100523 50bfef5368b7e
  • 20121206100615 50bfef873718b
  • 20121206100644 50bfefa4d1d9c
  • 20121206100658 50bfefb2021f8
  • 20121206102255 50bff36f69d2f
  • 20121206101127 50bff0bfb1142
  • 20121206101239 50bff10781f56
  • 20121206101432 50bff1780fb5d
  • 20121206101505 50bff199dfc78
  • 20121206101529 50bff1b1994a3
  • 20121206101625 50bff1e928111

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る