生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ダンボールを収納に活用する方法

ダンボールを収納に活用する方法

2014年02月25日更新

 views

お気に入り

はじめに

ダンボールを活用したアイデア収納術をご紹介します。スーパーやコンビニで無料で容易に手に入るものを利用します。

ポイント1 衛生的な収納

お菓子、雑貨(ティッシュや生理用品)などのダンボール箱を利用しましょう。清潔なダンボールを使用します。

オススメの種類

特にオススメはミネラルウォーターのダンボールです。運送中に破損しにくいように工夫されたダンボール仕様になっているからです。

2リットルペットボトルサイズのミネラルウォーターのダンボールは、A4サイズのファイルを収納するのにもピッタリです。

本や書類そのものの大きさは各種色々でも、ダンボール箱を統一することで、押入れのなかをスッキリさせる効果があります。

選ぶコツ

同じタイプ、同じ大きさのダンボールで揃えると、収納するとき、上手に積み上げられます。

注意点

本物の「みかん箱」や「レタス箱」は、運送用には良いのですが、家の押入れに「収納」として利用するのはやめたほうがいいです。

見た目がキレイでも、虫の卵が付着していることもあるからです。すいぶん時間が経過してから虫に気づくことになります。

輸入果物の箱には防カビ剤が滲みこんでいるものもありますので、箱としては頑丈でも、衛生な収納としては問題があります。

ポイント2 リサイクル

交換時期

「衣替え」や「大掃除」の機会に、ダンボールを新しくしましょう。使っていたダンボールは、たいていまだまだキレイなままですが、リサイクルに出します。

メリット

ダンボールそのものが吸湿効果があって、適度に押入れの湿気を吸っていてくれるのです。交換することで、新しいダンボールの吸湿効果を利用できるようになります。

ポイント3 テクニック

大掃除で交換するとき(冬)は、虫除け準備のチャンスです。虫は発生する前に手をうつことがオススメ。ダンボールの下には防虫防カビシートを敷きましょう。

除湿剤の隣には、乾燥させたハーブの葉っぱの入ったポプリ袋を添えておくのも効果的。

特に「ニーム」は、ゴキブリが嫌う成分を持っています。人体や益虫(蜘蛛などは害虫を捕食してくれる)には無害で、ゴキブリなどの害虫にだけ忌避性のあるニームはオススメです。

おわりに

衣装ケースや家具としての収納ボックスは、掃除の手間がかかります。ダンボールは古くなったり汚れたりしたらリサイクルできます。どんどん交換しましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101001182332

本記事は、2014年02月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る