生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 嫁姑円満生活のコツ

嫁姑円満生活のコツ

2013年02月06日更新

 views

お気に入り

はじめに

他人同士ですから、ソリが合わない事なんてあるいと思います。

無理して相手に合わせる必要は全くないのですが、離婚でもしない限り法律上の家族なのですから折角なら仲良くした方が良いですよね?

一緒に暮らしてなくても、一緒に暮らしていても、これだけをしていれば、お姑さんの機嫌を害さずに済みます。

また、お姑さんの方でも、これをすればお嫁さんに嫌われなくても済みますので、是非、御参考下さい。

ポイントその1 嫁編 旦那様に「さん」付けしよう

お姑さんお舅さんの前では、旦那様の名前は「さん」付けすると良いでしょう。息子が嫁に尊敬されてると感じてもらう事は大切な事です。

旦那様を立てる事を忘れなければ、大抵の親御さんは安心するものです。

ポイントその2 姑編 お嫁さんとお出かけしてみよう

実のお嬢さんとお出かけするようにお嫁さんともお出かけしてみましょう。

お嫁さんを知る為にも、外でどんな様子なのかを観察する意味でも大変良い事に思えます。

何か一つでも良い事を見つけられたら、家でばかり会うお嫁さんとは違い、客観的に一人の人間としてお嫁さんを見られるようになるでしょう。

ポイントその3 嫁姑双方編 遠慮しない

わだかまりを一つ持ってしまうと、のちのち大きな心の負担となって相手の挙手挙動が全て気に食わなくなってしまいます。

何か気になったら何でも言葉にして相手に伝えてみましょう。

裏表のない関係を心掛けていく事が大事です。

ポイントその4 夫・舅編 悪口を言わない

お嫁さんやお姑さんの立場から何か文句を聞かされても双方の悪口めいた事は言ってはいけません。

お嫁さん、お姑さんが相手に対してどう振舞って欲しいのかを正確に読み取り、双方の妥協できる状況を作り出してあげましょう。

決して相手の悪口を言ってはいけません。

「おふくろの奴、昔からヒステリーだしな」

「○○(お嫁さん)は気が利かないな」

・・・・等々の発言は御法度です。

ポイントその5 全体編 相手の立場を知ろう

どんなに自分が正しい事を言っているかを強調しても世間が納得しても、当の本人の心に届かなければ意味がありません。

相手がどんな立場でものを言っているのかをちゃんと考えてあげましょう。

旦那様は義父母の方が育ててくれた方です。

それだけでも尊敬すべき存在である事を忘れないように。

また、お嫁さんは大切な御子息を愛してくれてる女性です。

2人が末永く幸せに暮らせる事を願えば敵対心は起こらないはずです。

おわりに

十人十色の人生があり、100人いれば100通りの人生観があるので、自分の言い分が絶対正しいと思ってはいけないと思います。

嫁姑に関わらず、人間関係を築く上でも大切な事です。

お互い思いやりを忘れずにいれば、無意味で醜悪な争いなど起こりようもありません。

お嫁さんやお婿さんは先人を慮る心を。

御父母の方は若い人達を温かく見守る事を。

それが一番の円満生活への近道です。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101001100211

本記事は、2013年02月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る