生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 感謝の気持ちを伝える!披露宴プログラム

感謝の気持ちを伝える!披露宴プログラム

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

せっかく披露宴を開くなら、ゲストのみなさんに喜んでもらえる演出をしたいですよね!わたしたち夫婦は2005年4月に結婚しました。

最初は披露宴はしない、と思っていたのですが、お互いの両親や家族、友達に感謝の気持ちを伝えるためにも、やはり披露宴はしよう!ということになり、披露宴を開くことになりました。

披露宴の詳細

レストランウェディングだったので、フレンチレストランでの披露宴になりました。小さなレストランだったので呼べるゲストは38人まででした。

親族、会社関係、友達、とゲストを決めましたが、もっと呼びたい人がいたくらいでした。

逆に自分たちが本当に大切に思っている人たちだけに囲まれたウェディングになったのでよかったかもしれません。想定所要時間は2時間でしたが、実際2時間半ぐらいかかったと思います。

実際行った披露宴プログラムの詳細

  • 新郎新婦入場
  • 主賓挨拶
  • 乾杯
  • 友人スピーチ
  • ケーキカット
  • 余興1(友達による歌)
  • 余興2(友達によるゲーム)
  • 余興3(義弟による歌)
  • 余興4(新郎新婦によるゲーム)
  • 花嫁の手紙
  • 新郎謝辞
  • 新郎新婦退場

プログラムを考えるにあたっての手順

挙式・披露宴の日時を決めた時から少しずつプログラムを考え始めました。わたしたちよりも先に結婚したカップルの披露宴でとても心に残ったものや楽しかったことをピックアップし、そこからヒントを得て自分たちのプログラムを作りました。

こだわった点・注意点

余興にゲームを2つ入れ、ゲストが参加できるような披露宴プログラムにしました。

新郎新婦によるゲームは、ゲスト一人ひとりに感謝を伝えたいと思って計画したものです。

具体的には、二人の出会いから結婚に至るまでの馴れ初めをゲーム方式で紹介しながら、そこに立ち会った人たちへ感謝を伝えるというものでした。

内容自体はよかったのですが時間が押してしまったので、余興が4つも要らなかったかなと思いました。

感想・ゲストに喜ばれた点

新郎新婦によるゲームは不要とわたしたち夫婦は思っていたのですが、意外にゲストは披露宴で一番おもしろかったと言ってくれました。

家族、友達、いろんな人から7年経った今でも言われるので、やってよかったと思いました。

また、花嫁の手紙を読んだ時に母親が泣き崩れている姿を見て、両親のために手紙を読んであげて本当によかったと思いました。

おわりに

最近は挙式のみで披露宴を行わないカップルも増えているようですが、もし可能ならば、両親、家族、友達に感謝の気持ちを伝えるためにも披露宴を開いてほしいなと思います。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121206115849 50c009e93dacb

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る