生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 解体する!単語帳の使い方

解体する!単語帳の使い方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

英単語を単語帳で覚える場合、どのように覚えるのがいいでしょうか。今回は時間はかかるけど確実に定着する覚え方を紹介します。

この方法は、英語で日常会話を行う機会が多い著者が、基本単語を忘れないように続けている方法です。

ですがそのほかにも、留学やワーキングホリデーなどの準備のための長期的な勉強法としても活用できると思います。

単語帳の使い方

単語帳は使ってナンボ、汚してナンボのものです。むしろそのヨレヨレ具合いがどれだけ勉強したかの指標にもなるでしょう。

また、単語帳はかならず覚えきるまで一つのものを使います。絶対に途中でほかのものに手を出してはいけません。非効率的です。

単語帳はすべて覚えるまで一つのものを使う!

STEP1 単語帳を5~7等分しよう

単語帳をページ数でも収録単語数でもいいので5~7等分してください。7等分が推奨です。またページ基準で等分することをお勧めします。理由は次へ・・・

写真は実際に著者が使った後の単語帳です。データベースという種類の単語帳です

STEP2 解体する

等分したら解体しましょう。つまり、本をばらばらにします。ですから、ページで分けたほうがいいのです。

これには二つの理由があります。

  • 1持ち運びやすくするため
  • 2一日の目標を視覚的にわかりやすくするため。

一冊丸々では重い場合もありますし、ポケットに入らないこともあります。単語はいつでもどこでもできたほうがいいので、解体して肌身離さず持ち運べるようにするのです

ポケットに入っていれば、満員電車でも出し入れに苦労しません。

また、解体して、一つずつ持ち運ぶため、余計な箇所を勉強できなくします。そのことで一日の目標に集中させます

解体は単語帳の厚さによりますが、カッターがやりやすいと思います。

下は解体後の背表紙の部分からとった写真です

STEP3 等分したらそれに曜日をつける

つまり、それぞれ何曜日にやるか決めましょう。そのための7等分です。もし5等分した人は基本的に平日にやりきり、土日を復習に当てます。

必ずしもページの若い順でなくてもいい。好きな箇所からはじめる
やる箇所は一日一つ。それ以外は持ち運ばない

STEP4 暇を見つけては勉強する

これはどんな単語の勉強にも共通します。とにかく隙間時間に勉強しましょう。

勉強のやり方は

  • その日の分担分を流し読みする(覚えようと努力しなくていい)
  • それを一週間続ける(これで一冊読み終わったことになる)
  • 同じ要領で1~2ヶ月続ける(合計4~8回同じ単語帳を読み返したことになる)

STEP5 続ける

とにかく根気よくつづけましょう。

確かに二週間目くらいまでは効果を実感できないかもしれません。しかし、人間同じことを繰り返しているとだんだん覚えていくもので、4週間くらいすれば早い人では一冊覚え切れるかもしれません。

そうでない人もある程度は覚えてくるか、少なくとも見たことも聞いたこともないという単語はなくなります。

時間をかけて効果を実感しよう
ゆっくり時間をかけて覚えたものは忘れにくいのです。なので、単語の勉強は一夜漬けなどでなくしっかり1~2ヶ月のスパンを見て計画を立てる必要があります。
時間がかかっても効率よく覚える!

終わりに

いかがでしょうか。単語帳を解体することにちょっと「え?」と思った方もいるかもしれませんが、こうすることで一日の目標が明確になるのでむしろ勉強の能率はあがります。

なかなか単語が覚えられないという人は、少し気長に試してみてはいかがでしょうか。

(photo by 足成)

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121205134007 50bed027afa7a
  • 20121206000348 50bf625419832
  • 20121206004041 50bf6af970beb

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る