\ フォローしてね /

うるさいと言われないギター練習法

「けいおん」などのブームで、最近は若い女性でもギターを担いでいる姿を見かけるようになりました。

けれど夜遅くにしか帰宅できなくて、家族や隣近所に「うるさい」と言われてしまう声をよく聞きます。かといって毎日スタジオに行くのもお金と時間がかかってしまうでしょう。

そこで、周囲に迷惑をかけない練習法をご紹介します。

アコースティックギターの場合

意外に思われるかもしれませんが、アンプを通さない場合(エレアコも)アコギのほうが音が響きます。

そこで中古で見かけが悪くてもよいので、安い練習用エレキを手に入れてください。弦を押さえるのが楽になってしまいますが、コードを覚えるのならそれで十分なはずです。

 お金に余裕のある方は…

サイレントギターというのがありますので、それを購入してください。

エレキギターの場合

アンプを通さなければ、隣の部屋でもそううるさいということはありません。ただ、練習とはいえ、それではなんとなく物足りなく感じるものです。

普通のアンプにヘッドフォンをつければいい話なのですが、ジャックがない場合もあります。大きなアンプをいちいち動かすのも大変です。

 まだ人前で演奏するほどでもない方も…

ヘッドフォンアンプというのがあります。自分の耳にはアンプを通した音が聞こえるので、かなり気持ちがよいです。保管場所もいらないので、迷わず買うことができますね。

意外に知られていない方法

音楽スタジオがなくても、だいたいどんな場所にもカラオケボックスはありますよね。自分が周囲の音を気にしないのなら、楽器を持ち込んで練習、という手もあります。スタジオよりかなり安いですし、そもそも初心者が練習でスタジオデビューはなかなか勇気が必要です。

カラオケボックスに楽器を持ち込む際は、必ず事前に可否の確認をするようにしてください。

人ともギターとも共に仲良く

せっかくギターをはじめたのに、周りから煙たがられてやめてしまうのはもったいないものです。なんとか時間のある限り、周囲に迷惑をかけないようにしてがんばって練習しましょう。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。