生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ぐうたらパパでも率先してお手伝いするようになる、とっておきの方法

ぐうたらパパでも率先してお手伝いするようになる、とっておきの方法

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

「うちの夫は、仕事のある平日はもちろんのこと、休日にも全く家事を手伝ってくれない…」

そんな悩みを解決するとっておきの方法をご紹介します。

「男心」をくすぐる

男の人は自尊心の塊です。

常に、誰かに評価されたり、誉められたりすることに飢えています。

特に、職場でいつも上司から怒られたり、ミスを指摘されたりしている「ぐうたらパパ」ならなおさらです。

そこで、家事のお手伝いしてもらうにも、男の人の「評価されたい」「誉められたい」エネルギーを活用するのです。

男性に対するお手伝いの頼み方

男性がお手伝いをしない本当の理由

男の人が、家事を手伝わない理由として、単に「疲れている」とか「面倒くさい」とかいう点も挙げられるでしょう。

実際に、そう口にする旦那さんもいらっしゃることでしょう。

でも、「疲れている」とか「面倒くさい」というのは、実は表面的な口実であることが多いのです。

前述のように、男の人は自尊心の塊。

実は、深層心理では、「自分ではよく分からない家事のことを頼まれて、失敗するのが怖い」のです。

だから、家事の手伝いを頼む際には、最初のうちは、「出来るだけ簡単なこと」を「分かりやすい指示で」をお願いするほうがいいでしょう。

旦那さんは、家事に関しては、子どもと同レベルだと考えて下さい。

具体例

たとえば、「牛乳を買ってきてもらう」というのはいかがでしょう。

この場合も、単に「牛乳買ってきて」だけでは、旦那さんは「うん」とは言わないでしょう。

なぜならば、たいていの旦那さんは、普段自分が家で飲んでいる牛乳の銘柄も分かっていないことが多いからです。

さりげなく、冷蔵庫から牛乳パックを取りだして、「この牛乳を買ってきてほしいんだけれど」と、きちんと銘柄を指定します。

さらに、スーパーの牛乳売り場の場所を地図に書いて渡してあげましょう。

ここまでされると、普段は腰の重いぐうたらパパでも、「まあ牛乳を買ってくるくらいやってやるか」とその気になるはずです。

まずは「笑顔で感謝」

ぐうたらパパを行動に移させることに成功したら、次はいよいよ「評価されたい」「誉められたい」エネルギーの活用です。

まず、旦那さんが、牛乳を買って無事帰宅したら、笑顔で「ありがとう」を言いましょう。

あなたが「牛乳買ってきて」と指示し、牛乳パックも見せたにも関わらず、万一、旦那さんが、低脂肪乳を買ってきてしまったとしても、決して糾弾してはなりません。

まずは、笑顔で「ありがとう」

ミスの指摘は、次回、またお使いをお願いする際でいいのです。

ここで、ミスを指摘すると、自尊心の傷つけられたぐうたらパパは、二度とお手伝いをしてくれなくなるかもしれません。

「なんでこんな簡単なお使いすら出来ないのよ!」という憤りはひとまず抑える。次につなげるためには、笑顔で感謝が一番です。

効果抜群「カレンダー記録法」

「カレンダー記録法」とは?

誉められて感謝されて、旦那さんは一時いい気分になったとしても、その記憶はじきに薄れてしまいます。

「評価されたい」「誉められたい」エネルギーの活用には、もう一工夫が必要です。

といっても、何も難しい技術は必要ありません。

目に付きやすいところにあるカレンダーに旦那さんの功績を書き加えるのです。

ハートマーク等を使って、なるべく分かりやすくしましょう。

これを見て、旦那さんは「何ばかみたいなことやってんだ」と苦笑いするかもしれません。

しかし、内心では絶対に悪い気はしていないはずです。

自尊心の強い男の人ほど、こうやってきちんと目に見える方法で評価されると、俄然やる気を出してくれます。

カレンダー記録法を用いれば、ぐうたらパパでもいつしか自分から「何か手伝うこと無い?」と率先してお手伝いしてくれるようになるでしょう。

ポイント制について

ハートマークが一定数貯まれば、その日の晩御飯のメニューを旦那さんの一番好物のものにするとか、普段は発泡酒のところを1日だけビールにするとか、ちょっとしたご褒美を作るのも良いかもしれません。

ただ、ポイント制については、あまり厳密にルールを定めすぎると、ポイントを意識しすぎてお互いに疲れてしまい、かえって長続きしないという弊害もあります。

「最近、ハートが増えてきたから、今日はサービスするね」くらいのアバウトさがあるほうがいいでしょう。

おわりに

いかがでしょう。「ぐうたらパパでも率先してお手伝いするようになる、とっておきの方法」についてご理解いただけたでしょうか。

当記事が、円満な夫婦生活の一助になれば幸いです。

※「Photo by 著者」

この記事で使われている画像一覧

  • 20101001000119

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る