生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ツアーで卒業旅行に行くなら注意したい3つのこと

ツアーで卒業旅行に行くなら注意したい3つのこと

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

来春にはいよいよ働く大人の仲間入り。その前に思いっきり卒業旅行に行きたい!と思っている学生のみなさんが多いのではしょうか?その際に注意しておきたいポイントをいくつかご紹介いたします。

1:日程は余裕を持って長めに設定を

社会人になってしまっては、1週間以上の長い休みを取るなんて、ハネムーン以外には厳しいのが現実。たとえ休みが取りやすい環境であっても、帰って来てからのことを考えると恐くて休めないということも。

今しかない、この有効な時間!少し無理をしてでも忘れられない思い出作りに、ぜひ長旅へでかけてみては?

筆者は卒業旅行で16日間、スペインとイタリアを巡る旅に行きました。体力的には後半疲れが出ましたが、オプションでわずかなお金をプラスするとフランスに行くこともできたので、今になってはがんばってフランスまで行けば良かったと思っています。

2: 激安ツアーでは食事は期待しない

安いツアーの多くは、ホテルのランクが低かったり、食事が費用に含まれていないために安い場合が多く考えられます。

実際、筆者が参加した学生限定の激安ツアーの宿は、朝食はパンとヨーグルトのみ、しかも早いもの勝ちでのんびりしていたら無くなってしまう!なんていうところもありました。

また、周遊や弾丸ツアーの場合、バスや飛行機での移動時間が多くなるため食事は食べられるときにしっかりとっておくのもポイントです。長旅の場合は日本食が恋しくなるものなので、あらかじめ日本から食べ物を少し持って行くのもおすすめです。

3:本当に一緒にいて疲れない友達を選ぶ

学生最後の思い出、必ず楽しいものにしたいですね。そこで大切なのは一緒に行くメンバーです。

普段、ちょっと遊びに行ったり、飲みに行くだけなら楽しく過ごせる友人であっても朝から晩まで四六時中一緒、ましてやツアーでは移動など疲労がたまる場面がとても多いです。このような状況を共に過ごす仲間は本当に気の置けない人に限ります。

筆者は友人2人と行きましたが、その友人とは社会人になってから、また結婚した今も一緒に旅に行く大切な仲間です。

もし、気がのらない人からお誘いがあった場合、「就職先の研修があって…」など適当に理由をつけてサクッとお断りするのが良いでしょう。その後気まずくならないかと心配することはありません。そのような人とはこれからの長い人生深くお付き合いしていくことはないでしょう。

おわりに

卒業旅行シーズンは、ヨーロッパは想像以上に寒い場合がありますので、防寒対策をしっかりしましょう。逆に暑い場所に行く場合には日焼け対策をしっかりしてください。

また、卒業旅行で首から下げていたデジカメを盗られたなど盗難被害の話も良く聞きますので安全対策もお忘れなく!春からの新生活に支障がないように気をつけつつ、思いっきり遊んできてくださいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140122155320 52df6ae08c504

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る