生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. チェコの通貨・お金事情

チェコの通貨・お金事情

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

チェコ共和国の通貨はチェココルナ(CZK)です。チェコ共和国での通貨・お金事情の基本情報をまとめます。

通貨について

通貨単位はコルナ、補助単位にハレルがあります。

1コルナ=100ハレルです。
  • 硬貨は1コルナ、5コルナ、10コルナ、20コルナ、50コルナ
  • 紙幣は100コルナ、200コルナ、1000コルナ、2000コルナ、5000コルナ

です。

ユーロは正式通貨ではありませんが、ユーロからコルナへ簡単に両替することはできます。

1円(JPY)=0.2341コルナ(CZK) ※為替レートにより変動
ユーロが使えるのは一部、現地通貨コルナが基本

両替

  • 主な都市では、日本円からコルナへの両替は問題ありません。再両替できますが、手数料が発生するので少しずつ両替して使い切るのがよろしいかと思います。
地方都市へ行く際は、必ず日本円からコルナへ両替して持って行ってください。
  • 銀行・空港:為替レートが良いのは銀行・空港です。銀行はそれぞれ手数料が異なるので確認してください。
民間銀行は平日8:00~16:00または9:00~17:00が営業時間です
  • ホテル:為替レートは銀行より少し悪いですが、街中の両替所より手数料など分かりやすいと思います。
  • 両替所:一部は両替手数料無しですが、その分レートが悪かったり、為替レートが良くても手数料が高かったりします。両替する金額によって、手数料が異なる場合もあります。
両替所を利用する際は、いくらもらえるか比較して行う
プラハ市内には、自動両替機もあります

チェコ共和国のお金事情

物価

中欧・東欧は日本に比べ安いですが、物価は上昇傾向です。特にプラハは物価が高い地域です。ビールやコーヒーはとっても安い印象を受けました。

目安として、ミネラルウォーター(500ml)は8,90~19,90コルナ、コーヒーは25~75コルナ、ビールは20~75コルナです。 タクシーの初乗りは40コルナ前後で、1㎞ごとに28コルナが加算されます。

チップ

一般的なレストランでは基本的にサービス料に含まれているので、チップは必要ありません。

タクシーは料金の約10~15%、高級レストランは料金の約10~15%、ホテルのルームメイドは40コルナ程度が目安です。

免税

チェコでは商品の代金にVAT(付加価値税)が9~19%かかっています。旅行者は手続きをすれば最高で14%の税金が還付されます。同一店舗で、1日の購入額が2,001コルナ以上、未使用で国外へ持ち出すことが条件です。

免税書類を発行してもらい、EU最終出国税関で、書類・未使用購入商品・パスポート・搭乗券を提示し、輸出承認スタンプをもらってください。リファンド申請は購入日より5か月間です。現地空港内のカウンターで行うか、Global Blueの書類であれば成田空港・関西空港でも可能です。
現地空港内カウンターでは、原則現地通貨での払戻し

Global Blue

おわりに

チェコ共和国の通貨・お金事情を確認し、旅行を楽しんできてください。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121204110111 50bd596716816

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る