生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 1日の終わりにママの笑顔を取り戻す3つの秘訣

1日の終わりにママの笑顔を取り戻す3つの秘訣

2013年11月26日更新

 views

お気に入り

はじめに

いつもニコニコ笑顔でいられるママなんて、この世の中にいるのでしょうか?

子育てに、家事に、仕事に、近所のお付き合いに・・・。いつも時間と雑務に追われているママだからこそ、どうしようもなくイライラしてしまうこともありますよね。

でも大丈夫、きっと明日の朝は、またニコニコ笑顔のママになれますよ。子どもが寝静まった1日の終わり。ママの笑顔を取り戻す、とっておきの秘訣をご紹介します。

ポイントその1:天使の寝顔

つい叱りすぎてしまったな、ついイライラして当たってしまったな。後悔の念にかられているときは、そっと子どもの寝顔を見に行きましょう。

スヤスヤと寝息を立てている子どもの顔は、天使そのもの。どんなに大きく成長しても、寝顔だけは、小さかった頃のままです。

素直にごめんねが言えなかったなら、寝ている子どもに向かって「ごめんね」ってつぶやいてみるのもいいかもしれません。

ポイントその2:生まれた日のことを思い出す

可愛いわが子が生まれた日のこと、覚えていますか?生まれてきてくれたことに感激し、涙があふれたあの日。ただただ、自分の腕の中に存在してくれていることに感謝したはずです。

母子手帳や生まれた日の写真を引っ張り出して、たまにはゆっくり眺めてみましょう。

ママのイライラは、子どもへの過剰な期待、余計な期待の裏返しであることも。

「あれもできるようになってほしい」「こんなふうになってほしい」そんな願いは、親として当然のことではあるけれど、たまには、ここに存在してくれていること、無事に成長してくれていることを、あらためて思い出してみるのもいいですね。

ポイントその3:ママだってハグしてほしい

たまには「ママも抱っこしてほしいな~」なんて、ふざけて言ってみてください。きっと大好きなママを、子どもたちは喜んでハグしてくれますよ。

子どもの手から伝わってくる温もりが、ママのイライラを溶かしてくれるはず。ぜひ、試してみてくださいね。

おわりに

子育て中のイライラを解消するコツは「またイライラしちゃった」「私って、ダメな母親」って後悔することではありません。

頑張っている自分を認めて、イライラしている現実を受け止めること。それが、ママの笑顔を増やす、何よりの秘訣なのかもしれません。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101003103224

本記事は、2013年11月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る