生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3. ついついお客さんが買ってしまう接客術

ついついお客さんが買ってしまう接客術

2013年04月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

みなさんはどんなお店で買い物をしていますか?
みなさんはどんな店員さんとやり取りすることが多いですか?

そんなことを考えてみると、商売上手なお店や店員さんがわかってくるかもしれません。
そんな状況を自分の接客術として身につければ、繁盛するお店を運営出来るようになるかも知れませんね。

今回はついついお客さんが買ってしまう接客術を考えてみたいと思います。

買いたくなる状況とは?

好みの環境

世の中にたくさんのお店がある中で、行き着けとなるお店は自分好みのお店だと思います。

そして、自分中心に買い物をしたい人もいれば、他人と意見交換をしながら買い物をしたい人もいるでしょう。

要するにお客さんが自分の思うような買い物が出来る環境が整っていることが、接客以前の最優先の条件でしょう。

自分のペース

みなさんはどんな風に買い物をしたいですか?

ゆっくり吟味して買いたい方、下調べしたものをただ買いに来る方、店員さんに説明を求めたい方、そのパターンは千差万別です。
少しでも不安や不快感を持ってしまうと、購買意欲は損なわれるかもしれません。

そのため、お客さんのペースを最優先に考えることが、いい接客の1つのポイントとなるでしょう。

間合い

人にはテリトリーがあるといわれています。
その範囲は半径50cmから1m…

このテリトリーに入り込む間合いが非常に大切です。

お客さんの様子をチェックしながら、そのテリトリーに入り込んでもいいタイミングを計ることも大切です。

購入の後押し

よく店員さんが売り文句を連発してくる場合があります。
連発されるとちょっと引いてしまう場合もありますが、ここぞというときに売り文句を使えば、それが最後の一押しとなって購入につながる場合があります。

お店側としてはどんどんアピールをして売上を上げたいところですが、売り文句をコントロールして使うことにより、効率の良い売り方が出来る様になるでしょう。

さいごに

人は自分中心で考えがちな生き物です。
それが売り手と買い手に分かれれば、大変ですね。

そのように考えると、売り手がずる賢く接客をしたほうが売上アップが見込めるでしょう。

「お客様は神様」といった方がいらっしゃいましたが、その考えを頭に置いておくことは悪いことではないかもしれませんね。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/travelstar/3734588678/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100928223629

本記事は、2013年04月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る