生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. アメリカ滞在で役立つ挨拶のフレーズ4選

アメリカ滞在で役立つ挨拶のフレーズ4選

2012年12月05日作成

 views

お気に入り

はじめに

著者は、大学の交換留学プログラムでアイオワ州に1年と、大学院への留学でバーモント州に1年間の、合計2年間をアメリカで過ごしました。それ以後も何度もアメリカを旅行で訪れたり、留学時代の友達と今も連絡を取り合ったりしています。

英会話のコツはたくさんありますが、ここでは特に挨拶にまつわるポイントをご紹介します。

便利なフレーズ

1. How are you?

言わずと知れた、「元気?」の挨拶です。How is it going?も似たような意味で使われますが、こちらの方が、お互いより良く知っている者同士が、「最近はどう?」と具体的な返事を若干期待して聞くときによく使います。

典型的な返事は、"I'm fine."

でも、著者がよく聞き自分でも使うのは、"(I'm) Good."です。

"How is it going?"に対する返事は、"It's going great."などです。

2. What's up?

カジュアルに、「調子はどう?」と聞くときのフレーズです。友達のように近しくならないとあまり使わないかもしれませんが、相手から聞かれたときのために覚えておくと戸惑わないで済みますね。

"Not much."というのが教科書的な返事です。

余裕があれば、近況についてちょっと付け足すと、こなれた感じに。

3. How was your day?

「今日はどうだった?」という質問です。夕方以降、一日の終わりのような時間帯に会った時はこのように聞いてあげるとよいですね。

応用としては、"How was your week?"

週末などに会ったときに、「今週はどうだった?」と聞いてあげましょう。

4. Have a good day!

上記は、誰かに会ったときに最初に聞く質問ですが、相手と別れるときには、「良い1日を!」と言って別れると気持ちがよいですね。

応用編としては、"Have a good week!"「良い1週間を!」とか、"Have a good evening/night!"「よい夕方/夜を!」とかです。

おわりに

今回は、挨拶を中心にご紹介しました。

会話に慣れていないときは、どうしても相手からの質問や投げかけに対して答えるという受動的なコミュニケーションになってしまいがちです。でも、自分から相手に質問をすると、「あなたに興味を持っていますよ。」と伝えることができ、積極的に会話を楽しめるようになります。

勇気を出して、会話を楽しんでくださいね。

Have a good day!

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121205012914 50be24da33019

本記事は、2012年12月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る