生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. サンフランシスコ市内での交通手段

サンフランシスコ市内での交通手段

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者は、現在サンフランシスコに滞在して2年になります。今回は、サンフランシスコでの市内の交通機関についてご紹介します。

小さな町サンフランシスコ

サンフランシスコは、とても小さな町です。車があれが1時間ほどでぐるっと1周できてしまいます。

そんなサンフランシスコでは、主な交通手段がバスです。あとは、タクシーや車、町では自転車に乗っている人も良く見かけます。

主な交通手段

MUNIバス/MUNIトレイン

サンフランシスコの町の中はこのバスとトレインで大体どこでも行けます。料金は、一律で、4歳以下無料、5歳から19歳75セント、20歳から60歳が2ドル、60歳以上が75セントです。

バスを乗る際に、運転手の横に支払機があるのでそこに2ドル入れると、チケットをもらえます。このチケットは、90分有効なので、90分以内であれば次のバスは、支払わないでチケットを見せれば大丈夫です。

トレインも日本のような電車ではなく、路面電車です。バスと変わりはありません。

支払い機は、コインか1ドル札しか使えないので、乗る際は、小銭を用意しておきましょう
旅行者は、乗り放題のパスがお勧めです。ダウンタウンにあるパウエルスティションで購入できます

タクシー

タクシーの料金は、日本に比べて安いので、(初乗り4ドルほどです)ちょっと急いでるときや、3人~4人で移動するときなどは言いと思います。

ただ、台数があまり多くなく捕まえるのが大変です。電話をしてもなかなか来ないで待ちぼうけにされることも、よくあります。

タクシー移動での計画は、あまり期待しないほうがいいと思います。

レンタカー

これは、絶対にお勧めしません。まず、サンフランシスコには運転の荒い人たちがとても多いので、慣れてない人には危険だと思います。

次に、車での移動は常に渋滞と、駐車場を探がしで時間がかかります。サンフランシスコで車移動をしている人は、みんなストレスがたまると行っています。

レンタル自転車

サンフランシスコは、ゴールデンゲートパークやゴールンゲートブリッジなど、サイクリングコースにぴったりな観光地がたくさんあります。

ただし、坂道がとても多いので、普段から自転車に乗りなれていない人は、大変だと思います。

著者の体験談

著者がサンフランシスコに来たばかりのころ、バスの支払いが分からないで、支払わずに乗車してしまいました。バスは前と後ろに2つドアがあり、お金を払わなくても後ろのドアから乗れてしまうのです。

途中の停留場で、インスペクター(検査員)が乗ってきて乗車券を見せろといわれてしまい、もちろんお金を払っていない私は、乗車券がなく、罰金70ドルを支払いました。

サンフランシスコでは、無賃乗車をする人が多いため、抜き打ちのチェックがあるのです。

知らなかったでは、すまされません。支払いはきちんとしましょう
支払い時にもらうチケットは、大切な支払い証明ですのできちんと保管しておきましょう

おわりに

著者も普段の移動は、全てバスです。バスがうまく乗りこなせればサンフランシスコでの移動はばっちりです。

駅やお土産やさんなどで、バスの路線マップが売っているので、それを買うととても便利です。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121204193320 50bdd1701aad7

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る