生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3. 子供がいじめにあっていた時の対処法

子供がいじめにあっていた時の対処法

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

いじめはケンカと違いその後も引きずってしまい、子供にとって想像以上に精神的なダメージになります。

デリケートな問題なので慎重に対処し、子供にとって一番正しい行動をとってください。

いじめの対処方法

子供から無理に聞き出さない

子供、特に男の子の場合はプライドがあるので家族に自分がいじめられていることを知られたくないと思っています。 

なので無理に聞き出そうとすると、それが余計にプレッシャーとなってしまう可能性があるので、無理に聞き出そうとしないでください。

子供にとって家にいる間は完全ではないにしてもいじめから開放される場所ですので、無理に思い出させたり話を聞きだすことは子供にとってストレスと同時に家にいることもプレッシャーとなってしまいます。

ですからいじめについて聞き出したり、必要以上に心配するのは逆効果になってしまいますので普段言わないような言葉もできるだけ言わないようにしてください。

子供にとってはそれすらもプレッシャーになります。

学校に連絡するのは最終手段

子供に聞けないからといって担任の先生に電話するのは間違いです。

状況をあまり理解できていない先生が無闇に動くことにより、いじめを受けてる子供はますます学校が居心地の悪い場所になってしまいます。

どうしても先生に話しておきたい人は、よく先生と相談をしながらにしてください。いじめの事実だけを伝えて先生任せでは状況悪化に繋がる可能性もあります。 

子供の家での状況なども詳しく伝えることで先生も対処方法が変わってくるはずです。

子供にとって最善の選択を

子供にとって理解されないことは苦しいことですので、不登校などの状態になり始めても、怒鳴って家から追い出すような行動をせずに子供とよく話し合ってください。

ただ、子供の要望通りにするのもよくありません。不登校を容認してしまえば子供はその状況に甘えてしまいます。 

子供の逃げ道だけを作るのではなく、なにが子供にとって最良のことなのかよく考えて行動してください。

おわりに

いじめは深刻な問題であり、深く心に傷を残しますので、子供の親である人たちはそれを理解し、子供を守ってあげてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100930161752
  • 20100930163508

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る