生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 新築マンション購入の際に検討したこと

新築マンション購入の際に検討したこと

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

家を買うというのは、一生にそうあることではありませんよね。とても悩みますし、大きな決断が必要になります。

筆者の体験談を下記に紹介します。

エリア・間取り・階層・方角・管理費など

夫婦共に、海とは無縁の場所で育ったためか、海の近くに住むことに憧れがありました。主人の転勤で関東に引越したのを期に、湘南エリアで物件を探し始めました。

子どもがすでに一人いたこと、もう一人欲しいと考えていたこともあり間取りは3LDKで探しました。子どものことを考え、南向きの日当たりのよい物件で、足音などを気にしなくてよい1階というのも譲れない条件でした。

入居戸数の多いマンションの方が管理費が安くなるので、マンモスマンションを中心に探しました。

検討材料と決め方

上記のエリア、間取りなどの細かいマンション自体の条件とは別に検討材料に上がったのが、主人の通勤時間と子育て環境に適しているかです。

通勤時間や電車の乗り換えなどの条件は主人に検討しもらい、子育て環境のチェックは筆者が行いました。

その2つをつきあわせ、妥協できる点、できない点を夫婦で話し合い最終的に結論を出す形となりました。やはり比重としては、子育て環境のほうに重きをおいて決める結果となりました。

一軒家ではなくマンションを選んだ理由は?

当初、一軒家に住みたいと思っていましたが、希望のエリアで一軒家に住むには予算が足りず、断念せざるを得ませんでした。

最終的に決め手となったポイント

エリアなどの立地条件や、間取りなどの条件を満たしていたことに加え、子育て環境がよかったことが決め手となりました。小学校が近いだけでなく、図書館、児童館、公園、病院などが近くにあり、近隣の道路が綺麗に整備されていて安全でした。

部屋などはリフォー厶など手を加えることができますが、環境は変えることができないというのが大きな決め手になりました。

おわりに

子育て環境を重視したおかげで、平日は児童館、図書館、公園、休日には家族で海遊びと充実した毎日を送っています。家の中の設備より、環境を重視した選択となりましたが、家族で楽しく過ごせる時間が増えたことは嬉しい限りです。みなさんも、ぜひ素敵な自分だけの家をみつけてください。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121203125920 50bc23987b98b

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る