生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. りんごを使い簡単にできる本格的なタルトタタンのレシピ

りんごを使い簡単にできる本格的なタルトタタンのレシピ

2014年02月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

お店で食べるような本格的なお菓子を作ってみたいけど、難しそうだと思ってしまってなかなか手が出せないでいる方、結構多いのではないでしょうか。

材料が多そうだし、計量も面倒だし、一回作っても材料や分量を覚えられなくて、作るたびにレシピを見ながらなんて大変…というのもお菓子作りにはよくある事ですよね。

では、少ない材料で、覚えやすく量りやすい分量で、タルトタタンを作れるとしたらどうでしょうか。やってみようかな、という気になりませんか?

というわけで今回は、簡単なのにどこに出しても恥ずかしくない、味も見た目も本格的なタルトタタンの作り方を紹介したいと思います。

材料

18cm丸型

  • りんご 2個
  • バター 100g
  • グラニュー糖 100g
  • アーモンドプードル 100g
  • アーモンドエッセンス(あれば) 5~10滴程度、お好みで
  • 卵 2個
アーモンドエッセンスは入れたほうが風味が増しますが、無くても作れます。

作り方

STEP1: 準備

まず型ですが、材料の表記では18cm丸型としましたが、角型でもパイ皿でも何でもお好きな型で結構です。

容量が小さすぎたり大きすぎたりすると、生地がはみ出したり厚みが無い出来上がりになってしまったりするので、その点だけ注意すれば問題ないです。

次に、バター60gと40gに分けておき、60gの方だけ薄切りにします。綺麗に切らなくても大丈夫です。

りんごはくし型に切っておきましょう。5mm程度の薄さに切ると、出来上がりがきれいです。

グラニュー糖は50gずつに分けておきます。使うタイミングが違うのでそのほうが作業しやすいです。

STEP2: 焼く(1回目)

切っておいたバター(60gの方)の約1/4を型に並べます。その上にりんご約1/3を並べてください。さらにその上から、50gに分けておいたグラニュー糖の1/2をふりかけます。

またバター1/4をのせ、同じ要領でりんご、グラニュー糖、バターという風に重ねていきます。

2回目を重ね終えると、グラニュー糖だけ無くなるはずです。その後、残りのりんごをのせ、一番上に残りのバターをのせたら90℃に温めておいたオーブンで40分焼きます。

STEP3: 生地作り

りんごを焼いている間に生地を作っておきましょう。まずアーモンドプードルとグラニュー糖50gをよく混ぜます。

バター40gを加え、卵は一つずつ入れ、さらによく混ぜましょう。アーモンドエッセンスを入れる場合はここで加え、混ぜてください。

STEP4: 焼く(2回目)

りんごが焼けたら、作っておいた生地をりんごの上に流し入れます。出来上がりのときに生地の面が下になるので、表面を少し平らにならしておきましょう。

あまりにもでこぼこだと、切るときや食べるときに不便です。神経質に完全に平らにしなくても、軽くならす程度で大丈夫です。

180℃のオーブンで25~30分ほど焼きます。美味しそうな焼き色が付いて、竹串でさしてみて問題なければ大丈夫です。竹串での焼き加減の判断の仕方はこちらの記事を参考にしてください。ヨーグルトとりんごの簡単ケーキレシピ

焼きあがったら型からはずすのですが、必ずりんごの面が上になるようにしてください。型に入っている時点では一番下になっている面です。詳しくは下の説明を参考にしてください。

  • 底が取れる型の場合

冷めてからはずした方がいいです。底が取れないものより生地と型が離れやすいので楽です。

まずこのように、お皿を蓋のようにして型の上から被せ、

ひっくり返してはずすだけです。すんなりはずれると思います。

  • 底が取れない型の場合

型と生地が少し離れにくい場合もありますが、底が取れる型の場合の説明にある上の画像の要領でお皿を被せ、ひっくり返して型をそっとはずしてください。

出来る限りそっとです。それではずれない場合は、型と生地の間に竹串でもナイフでも何でも良いので、形が崩れないよう注意しながら隙間を空けてみてください。生地が型から離れやすくなります。

それぞれ無事お皿に移せたら完成です。その日のうちに食べても美味しいですが、翌日になると味が馴染み、生地もしっとりしてより美味しくなります。

おわりに

行程が多くて大変そうだと思うかもしれませんが、簡単に言えば並べて、焼いて、混ぜて、また焼く。これだけです。

分量も100gと、固形のものは両方とも2個ですので覚えるのも量るのも簡単です。ぜひ作ってみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101005104840
  • 20101005115900
  • 20101005120017

本記事は、2014年02月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る