生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. お風呂と身体を同時にピカピカに保つ方法

お風呂と身体を同時にピカピカに保つ方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

お風呂に入りながら、ついついシャンプーの成分表を読んだりしていませんか?とくに半身浴をしているときは暇ですよね。

雑誌を持ち込んで読むのもいいですが、その時間を使って、お風呂と身体を一緒に磨いてみるのはどうでしょう。肌も気分も浴槽もサッパリし、気分爽快です!

用意するもの

  • 重曹
  • スポンジ・ハブラシ

使い方

重曹

重曹は100円ショップなどで手に入ります。食品のコーナーにもありますし、洗剤のコーナーにも置いてあります。用途によって使い分けるのも良いでしょう。

入浴剤として

バスタブに重曹をひとつかみ入れ、入浴剤として使います。量は好みで加減してください。入れたらよく混ぜましょう。重曹を入れることにより、血行を促進します。

たんぱく質を分解する働きもあるので、角質がとれやすくなります。食品用として売られている重曹でしたら、歯を磨くことも出来ます。

お風呂洗剤として

そして、これがそのままお風呂洗剤になります。まず、湯アカを落とす効果がありますので、重曹の入ったお湯に浸かりながら、そのお湯を利用して洗面器やイスなどのこすり洗いもしてみましょう。

意外と簡単に汚れが落ちます。物足りないなと思ったら、スポンジに重曹を少し足したり、重曹に少し水を足してペースト状にしたもので、こすってみてください。

重曹を入れたお風呂につかったら、最後は浴槽をこすり洗いして上がりましょう。

こすりすぎて物に傷をつけないように注意してください。

パイプクリーナーとして

また、重曹はパイプクリーナーとしての役割も果たします。使い終わったお湯をそのまま捨てれば、ニオイを取り除き、つまりを予防します。パイプの掃除がいつの間にか行なえているというわけです。

重曹スプレーを作る

もうひと手間かけるのなら、重曹スプレーを作ってみましょう。1リットルに50~60グラムほどの重曹を、沸騰したお湯に少しずつ加え、よく溶かしてください。冷ましたら、スプレーボトルなどに入れておきます。

お風呂上りに、床や浴槽の変色などが気になる部分にシュッシュッとかけてから上がりましょう。次に入るとき、スプレーした部分が結晶になっています。それをスポンジなどでこすりながら、洗い流してください。

徐々に色が薄れ、綺麗になっていきます。そのままお水に溶かして使うのもいいですが、重曹が溶けきっておらず、スプレーが詰まる可能性があるので注意してください。

スポンジとハブラシの使い方

スポンジは大きいものより、小さめのものを選びましょう。切って使ってもいいでしょう。

ハブラシは使い古しのもので構いません。捨てずにとっておくと、細かなところを洗うのに便利です。

間違えてくわえないようにしましょう。ハブラシの持つところに、カラーテープなどを巻いたりして間違えないようにしておくといいでしょう。

さいごに

この方法は、もともと100円ショップで買った「重曹クリーナー」という洗剤をお風呂に持ち込み、暇なときに磨いたらものすごく簡単に汚れが落ちたので、はまってやり始めたのがきっかけです。

簡単でありながら、みるみる汚れが落ちますので楽しめますし、綺麗になるのを見ているだけで、気持ちまでリフレッシュできます。ぜひ習慣にしてみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101004175539

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る