生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ネガティブな気持ちを乗り越えるコツ

ネガティブな気持ちを乗り越えるコツ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

怒られたとき、失恋したとき、ケンカしたときなど、気分が落ち込んで辛く悲しいときは誰にでもあります。

早く元気な自分を取り戻そうとするあまり、先走って空回り。結局いつまでもネガティブな気持ちを引きずってしまう、という経験はありませんか?

ネガティブな気持ちをポジティブに変えるための3つのコツを紹介します。

泣く

誰もいないところでおもいっきり、声を出して泣いてみましょう。辛いときは我慢する必要はありません。

泣くと意外とスッキリして、立ち直りも早くなります。涙と一緒に辛い気持ちも流せるはずです。

聴く

悲しいときには悲しい曲を聴くのが音楽療法的には良いとされています。ネガティブなときに明るい曲を聴くと心がついていけず、さらに落ち込んでしまいます。

今の自分の気持ちにもっとも近い曲を聴くことで、音楽が気持ちを代弁してくれます。悲しい曲や失恋ソングなど、スローテンポな曲から、徐々にアップテンポな曲にしていくと気分もノリやすいですよ。

書く

今の自分の気持ちや状況を、思い浮かんだものからなんでもいいので紙に書いてみましょう。文章ではなく単語でも大丈夫です。

そして、次に紙に書いた言葉から派生させ、そうなった原因(自分が悪かったことや、相手の言動に傷ついた事柄など)を書き出してみてください。

書くことで頭の中が整理され、自分のおかれている状況や、今後やるべきことなどがわかるはずです。

おわりに

「ポジティブ・シンキング」という言葉がありますが、これは落ち込んだ気持ちを無理に元気付けることではありません。「ネガティブ」な状態を、どうしたら「ポジティブ」な状態に変えられるか、と考えることを言います。

気持ちの整理をして、元気な自分を取り戻しましょう。

(Photo by flickr

この記事で使われている画像一覧

  • 20100929140032

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る