生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3. 落ち込んだ時や辛い時を乗り越えるちょっとしたコツ

落ち込んだ時や辛い時を乗り越えるちょっとしたコツ

2014年02月26日更新

 views

お気に入り

はじめに

辛い時、落ち込んでいる時、また忙しすぎて疲れている時など、皆さんはストレスをどのように発散していますか?解消法はお酒を飲む、美味しいものを食べるなどたくさんあります。

ちょっと視点を変えた、初心に戻れるささやかな気分転換法で、ストレスフリーを目指しましょう。

その1:昔のアルバムを見る

学生時代や、過去の写真、特に楽しかった頃の写真を見てみます。当時の楽しかった思い出が蘇り懐かしくなります。写真に没頭すると嫌なことも忘れてしまうかも!

また、両親の腕に抱かれた赤ちゃんの写真、お母さんと手をつないでほほ笑む幼稚園時代など、愛されていると実感できる幼い頃の写真もおすすめです。

その2:青春時代に好きだった音楽を聴く

音楽はリラックスできるとても良い薬だと思います。自分の好きなジャンルの曲、特に青春時代を共に過ごしたような思い出の曲は、少なからず誰にでもあるでしょう。

店先やテレビなどで若き日に流行っていた好きな音楽を耳にしたら、急に元気が出たという経験はありませんか?それだけで一日気分が良くなり、ウキウキした気持ちにしてくれます。

「青春○○年代~」といた、年代ごとに分けてその年の流行った曲を集めたCDなどもたくさんありますので、ぜひレンタルCDショップを覗いてみてください。

その3:余分なものを取り除き心身を軽く

サウナや入浴などで汗をかく

汗を流すことで体の余分な水分を出し、リフレッシュさせます。汗と一緒に雑念を取り払いましょう。

泣く

汗をかくこと同様、体の余分な水分を出します。泣いた後は、意外とスッキリした気分になるものです。

爪・髪の毛を切る

美容院に行って髪を切ったり、爪を切ったり、物質的に体を軽くすることもGOOD!体が軽くなって身軽になり、肩の荷が下りた感じがします。

深呼吸

最後は空気の入れ替えです。体の中の空気を入れ替えることで、リフレッシュします。そう!深呼吸。しているようで、気にかけなければ、なかなかできないものです。

まずは口からこれ以上吐けないというところまで息を吐き、鼻からたっぷり息を吸います。何度か繰り返すと、頭の中に酸素が行き渡り、心地よさを実感できます。

おわりに

気分転換の方法は人それぞれですので、自分に合った最善の方法でスト
レスを発散し、幸せな人生を送りましょう。

写真:足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20120420151940 4f90fffc2fbc1

本記事は、2014年02月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る