生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. インターネットバンキングで振込手数料を無料にする方法

インターネットバンキングで振込手数料を無料にする方法

2012年12月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

振込手数料というのは無駄なものでしかないでしょう。インターネットショッピングで安く買えても、振込手数料が高いと、結局は高くなってしまうという事もあります。ですから、無料にできるものなら無料にするべきでしょう。

複数の口座を使い分ける

銀行では同じ銀行間同士の振込手数料が無料になることもあります。たとえば、大手の銀行なら、りそな銀行が無料のサービスを提供しています。銀行ごとに無料になる条件というのは異なりますから、それぞれの状況で使い分ける事ができるように、複数の銀行口座を持っておくと便利です。

メインで使う住信SBIネット銀行

同行間の振込手数料が無料の銀行はいくつかありますが、住信SBIネット銀行は、他行でも振込手数料が無料になります。回数には制限があって条件によって異なるようですが、私の場合には月に3回は振込手数料が無料です。ですから、これをメインに使っています。

ほとんどの銀行に無料で振込ができます。私の場合には、インターネットショッピングくらいでしか振込をしませんから、月に3回でも十分なのです。

楽天銀行も必要

楽天銀行が必要な理由としては、ネットショッピングなどでは楽天銀行を利用する事が多いからです。一定の条件を満たせば、楽天銀行同士の振込なら振込手数料が無料になるのです。

なぜ楽天銀行の口座が必要なのかというと、住信SBIネット銀行は、楽天銀行の口座への振込手数料が無料にならないからです。ですから、住信SBIネット銀行と楽天銀行との両方の口座を開設しておけば、基本的にはすべての銀行への振込を、手数料無料で行う事ができるのです。

現金の入出金はコンビニで

インターネットバンキングから振込をするときには、まずは口座に現金を入金しなければなりません。住信SBIネット銀行も楽天銀行も、コンビニのATMから入金できますから、残高が少なくなればコンビニで入金しています。

ATMの利用にも手数料がかかる場合がありますが、住信SBIネット銀行ならセブンイレブンにあるATMで無料で入出金できます。楽天銀行も一定の条件を満たせば、一定回数は無料になるのです。

おわりに

少しでも振込手数料を抑えようと思えば、このようにインターネットバンキングを利用すると便利でしょう。ここで紹介した二つの銀行の組み合わせは最強の組み合わせだと思います。ぜひ活用して見てください。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121201170837 50b9bb057c6c7

本記事は、2012年12月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る