生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夫婦でのアメリカ旅行 おさえておきたいコツ!

夫婦でのアメリカ旅行 おさえておきたいコツ!

2012年12月03日作成

 views

筆者たち家族は夫婦だけの二人です。こどもがほしかったのですが、なかなか恵まれず、気分転換に海外旅行に出かけたところ、思いのほかはまってしまい、数年に1回は行くようになりました。

今回は筆者たち夫婦のアメリカ旅行のとっておきのコツをお教えしたいと思います。

夫婦での海外旅行のエピソード

筆者たち夫婦は二人家族です。夫婦で初めて海外旅行に行ったのが2009年10月のことでした。場所はアメリカ。どうしてアメリカかに決めたかというと、大自然もあり都会もありのアメリカに以前から憧れていたというのが二人で共通していたからです。

夫婦でアメリカ旅行のコツ

旅程の決め方

夫が夏休みをお盆をずらして1週間取ることができるので、それに合わせて筆者がパート先の休みを調整しました。職場のみんなと休みたい日がかぶらないようにするのがとても大変でした。

アメリカの場合はほぼ自然を楽しむという感じになるので、ゆったりした時間が多く、あまり長期滞在すると時間を持て余すことも考えられますが、こどもさんやお年を召した方が一緒の場合は逆にゆったりしていてよいかと思います。

行きたいところと滞在期間をよく考えて旅程を作られることをオススメします。

レンタカーを借りて旅行

まずアメリカでは国立公園に行こうと思っていたので、都会から離れ、大自然の中を行くことになりました。ツアーではないため、自分たちで行かなければなりません。あいにくアメリカは公共の交通機関が発達していないので、自分たちでレンタカーを借りることになりました。運転するのは夫です。

時差ぼけで運転するのは大変だったと思いますが、絶えず筆者が夫に話しかけ、眠気に襲わなれないように気をつけました。アメリカは日本と違い道路が広いので、そんなに苦労することなく目的地に到着することができました。

ただ、夜中に到着したので、鹿が道路にいきなり飛び出してきたときはビックリしました。(画像は現地でレンタカーした日産アルティマ)

お金の管理方法

主にクレジットカードを使い、ほとんど現金を使っていません。これが一番ラクなお金の管理方法だと思います。どうしても小銭を使わなければいけない時は、とても汚い財布を出して払いました。

ブランドものの財布は金持ちだと思われて狙われる可能性があるのであえて汚い財布を持って行きました。

夫婦二人とも財布を持っていて、同じくらいの金額が入っていました(主に小銭で大金は入れていない)。

日本食を持っていく

筆者の場合ですが、アメリカの食べ物は1日で飽きてしまいます。最初はとてもおいしいのですが、いつも肉やポテトばかりで、日本食が恋しくなるのです。

そうなることがわかっていたので、日本から水やお湯を淹れるだけで食べられるアルファ米やレトルトの味噌汁を持って行きました。これがとても役に立ちました。また、アメリカではケーキやデザートが甘すぎるので(ほぼ砂糖!!)、一度食べてから2度と食べませんでした。

こどもさんがいらっしゃる場合はもっと好き嫌いがはっきりしてらっしゃると思うので、日本で食べ慣れたものもいくらか持っていくと安心だと思います。

ショッピングとお土産はウォルマートがおススメ

アメリカでお土産を買う時には、現地のショッピングセンターに行くのが一番手っ取り早くてアメリカらしいものが買えます。特にオススメのお店は「ウォルマート」です。ここでほとんどのものが揃います。もし寒ければ服も買うこともできます。とても安いです。

アメリカのお菓子は最近、成城石井でも買うことができるようになりましたが、本場アメリカはやっぱり安いです。日本の5分の1ぐらいの値段で買えるのでたくさんお土産を買って帰りましょう。

アメリカのスーパーは広くてかわいいものもたくさんあるので、こどもさんも楽しむことができると思います。

おわりに

以上、アメリカでの家族旅行について書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。初めての夫婦での海外旅行でしたが、行ってしまえばなんとかなるものですよ。

(Photo by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121201170941 50b9bb451bd29 thumbnail
  • 20121201173103 50b9c04751dc2 thumbnail

本記事は、2012年12月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る