生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. なるべくガソリンを減らさない走り方

なるべくガソリンを減らさない走り方

2013年03月26日更新

 views

お気に入り

はじめに

今回は、なるべくガソリンを減らさない走り方をご紹介します。車社会において、ガソリン代の節約は永遠のテーマですよね。

ポイントその1 タコメーター2000回転付近走行

回転速度計を2000回転付近で走ることを心がけましょう。この回転数で走行すると燃費がよく、エンジンにも良いとされています。

と言っても、メーターを見ながらの走行は大変危険です。時折チラ見する程度で、大体2000回転だな、と思うくらいの走行をすれば良いのです。

ポイントその2 無駄なアクセル・ブレーキをやめる

ポイントその1にも通じることですが、無駄なアクセル・ブレーキをやめましょう。特に、無駄な空ぶかしは、近隣の迷惑にもなります。

また、公道では、スピードを出そうとしてアクセルを踏んでも、すぐに減速せざるを得ない場合がほとんどです。無理に飛ばしても良いこと無しなのです。

  • こんな人、結構いませんか?

それなりにスムーズに動いてるのに、登坂車線になるとなんだか闘志を燃やして、ここぞとばかりに追い越しをかける人・・・。

1台2台追い越したところで、到着時刻はそんなに変わらないですよね。無理・無駄な追い越しをやめることも、燃費向上への一歩です。

ちなみに、これは過去の私の話です・・・。ようやく気づき、今では流れに任せてリラックス走行しています。

ポイントその3 エアコンを我慢してみる

自然と向き合ってエアコンを我慢してみましょう。たとえば、海の近くを走るときは、窓を開け、潮の香りを満喫し、波の音を堪能するとともに、α波を感じましょう。

また、到着3分前に、エアコンをOFFにしましょう。3分間くらいだと、車内の温度はある程度保たれます。

エアコンの他にも、オーディオなど、使わないものはOFFにしましょう。

おわりに

燃費向上への3つのポイントをご紹介しましたが、まずは安全第一を心がけ、その上で家計に優しい走行を目指しましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101004112249

本記事は、2013年03月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る