生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. フライパンでもレンジでも作れる焼きりんごのレシピ

フライパンでもレンジでも作れる焼きりんごのレシピ

2013年12月26日更新

 views

お気に入り

はじめに

りんごをそのまま食べるのも美味しいですが、たまには焼きりんごにして食べてみるのも良いですよね。

でも、ケーキやクッキーなどと違い焼きりんごだけのためにわざわざオーブンを使うのもなぁ…なんて思ったりしませんか?

面倒くさがりの方でも、家にオーブンが無い場合でも大丈夫です。フライパンか電子レンジがあれば作れます。

両方の作り方を紹介したいと思いますので、作りやすい方法を選んで試してみて下さい。

材料

  • りんご 1個
  • バター(マーガリンでも可) 20g
  • 砂糖 40g
  • シナモン お好みで

作り方

STEP1: 準備

まずりんごの皮を剥いて、12~16等分にします。何等分にするかはりんごの大きさによって違ってきます。

フライパンで作る場合は皮をむかなくても良いです。気になるようでしたらむいてください。

STEP2: 加熱

ここからはフライパンと電子レンジで違ってくるので、分けて説明したいと思います。

  • レンジの場合

耐熱皿にりんごとバターを並べ、砂糖とシナモンを加えたらラップをかけてレンジで加熱します。500~600Wで7~8分ほどを目安にしてください。

りんごとバターを並べるときは、皿の中央に置くよりも一周ぐるっと囲むような感じで並べると火が通りやすいです。上の図を参考にしてください。星型がリンゴを乗せるおおよその位置です。

  • フライパンの場合

フライパンでバターを中火にかけ溶かします。その後りんごをいれ、りんごが少し透き通ってきたら砂糖とシナモンを加えます。

STEP3: 出来上がり

  • レンジの場合

りんごが透き通っていれば完成です。お好みでもう少し加熱しても大丈夫ですが、あまりやりすぎると飴のようになり、お皿にくっついて後々大変ですので様子を見ながらにしてください。

  • フライパンの場合

うっすらと焦げ目が付いたら完成です。お好みで、砂糖が少しかりっとするまで焼いても美味しいですが、焼きすぎるとりんごがかなり小さくなるので注意しましょう。

おわりに

どちらの作り方も簡単で、りんごを切れればお子さんでも作れると思います。シナモンが嫌い、または用意できない場合は無しでも作れます。

甘みが足りないと感じたときなどには、メープルシロップをかけると美味しくなります。

バニラアイスを添えたり、アップルパイに入れたり等、工夫次第で色々な美味しさが楽しめますよ。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101004143146
  • 20101004154932

本記事は、2013年12月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る