生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3. 北東北のちょっとマニアックな楽しみ方 ~ローカル線3選

北東北のちょっとマニアックな楽しみ方 ~ローカル線3選

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

田舎を走るローカル線にのってゆっくりとその地域を走る…というスタイルの旅はなかなか良いもので、筆者が一番好きな旅行スタイルです。

本記事では、そんなローカル線の旅にぴったりな路線のうち、北東北にあるものを3路線紹介します。

五能線

八森駅から眺める日本海。

五能線は秋田県の東能代駅から日本海沿岸を通って青森県の川部駅を結びぶ路線です。川部側の列車のほとんどは奥羽本線の弘前駅まで乗り入れます。

みどころ

五能線の見所はなんといっても海!かなり長い区間海に近いところを走ります。国鉄時代から使われている古いディーゼル気動車に揺られながら見る日本海は格別です。

他にも、
- 太宰治ゆかりの観光地にアクセスできる津軽鉄道への乗換駅である五所川原
- 海岸にある温泉として有名な黄金崎不老不死温泉に近い艫作(へなし)駅もしくはウェスパ椿山
- 白神山地の十二湖に近いその名も十二湖
など、観光スポットに近い駅もあります。

また、五能線を経由して秋田-弘前・青森間を運行するリゾート列車のリゾートしらかみが有名です。リゾートしらかみは快速列車なので特急料金はかかりませんが、全席指定のため指定券が必要です。

参考サイト

秋田内陸縦貫鉄道 秋田内陸線

比立内駅で交換待ち。単線なので対向列車を待たなければならない。

秋田内陸線は秋田県の鷹巣駅と同じく秋田県の角館駅を結ぶ路線です。

みどころ

五能線と対照的にこの路線の見所は野山。これぞ日本の田舎という感じの里山の車窓風景が印象的です。

第3セクターの鉄道としては珍しく急行列車もりよしが運転されています。

またこの路線の沿線ではないですが、鷹巣から奥羽本線で青森方面に4駅の大館駅の駅弁、鶏めしが有名です。ホームでの立ち売りはもうありませんが、駅前の「花膳」というお店や駅のコンビニで買うことが出来ます。

参考サイト

岩泉線

岩泉駅概観。駅舎は大きいが、人はまばら。

岩泉線は岩手県の茂市駅と岩泉駅を結ぶ盲腸線(どちらか一方の終点がどの路線にも接続していない路線のこと)です。

みどころ

この路線は一日の列車の本数が少ないことで知られています。その数なんと一日3往復! 1時間に3往復ではありません、1日に、です。

そのため鉄道だけではアクセスする場合非常に困難です。そもそも盛岡から茂市にくる山田線の本数が少ないのです。宮古からだと直通する列車もあるため若干アクセスしやすくなります。

また途中にある押角駅は「秘境駅」として有名です。山の中にぽつんと短いホームだけがあります。

「こんなところに鉄道が走っているんなんて…」という不思議な感覚を味わうことが出来るかもしれません。

なんだか不便なことばかりを強調してしまいましたが、終点の岩泉駅には龍泉洞という鍾乳洞があります。ただ、龍泉洞を見学したいだけなら盛岡からバスの方が便利です。

現在は運行停止中

そんな魅力いっぱい(?)の岩泉線ですが、大変残念なことに2010年7月31日に発生した土砂崩れのために運行停止中です。現在はバスで代行運転中です。

一日も早い復旧をお祈りしています。

参考サイト

さいごに

北東北のマニアックな旅先としてローカル線を3つほど紹介しました。東北新幹線や秋田新幹線を利用すれば2~3泊でかなり見て回れると思います。

また、同じテーマで南東北について書いた記事南東北のちょっとマニアックな楽しみ方~ローカル線3選もありますので、よろしければそちらもご覧ください。

あなたもローカル線を旅して日本のいろんなところを見てみませんか?

(Photo by http://www.flickr.com/photos/jetalone/1512623787/ )

この記事で使われている画像一覧

  • 20100924013229
  • 20100924212351
  • 20100926105326

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る