生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 漢検準2級!合格できる勉強方法

漢検準2級!合格できる勉強方法

2012年11月30日作成

 views

お気に入り

はじめに

筆者が漢字検定準2級に合格したときの勉強方法です。

使用テキスト

使用テキストは岡野秀夫:著の完全合格!漢字検定準2級模擬問題集です。

用意するもの

  • ノート
  • 赤いシート
  • 蛍光ペン

勉強期間とスケジュール、勉強内容

勉強期間

勉強期間は3週間でした。1日1時間勉強していました。

3週間前

ノートを一冊用意して、巻末についている2級配当漢字表に載っている漢字を書き写します。漢字を大きめに書き、読み方も書き写しました。

部首は部首そのものが出題されるので、目立つように赤でかいたり、大きく書いたりするといいです。

ノートに四字熟語を書き写して、意味を確認しておきます。出題頻度の高いものはしっかりみておきます。

準2級は四字熟語の意味は出題されません。今後2級を受けるつもりのない人は、意味を確認する必要はないと思います。

勉強開始から5日間で出題漢字、四字熟語を一通りチェックできればいいとおもいます。

時間があるときは巻末の間違えやすい読み、書きや送りがなを覚えていきました。

16日~2日前

筆者が使用したテキストには模擬試験が15回分収録されています。これを勉強開始5日目から、1日1回分解くことにし、確実に実行出来るように、〇月〇日とテキストに日付を書き込みました。

模擬試験を1日1回解きます。筆者の場合はテキストに直接書き込みました。時間はあまり気にせず、1つ1つ丁寧に解きました。

復習は、間違えた問題は回答と解説を蛍光ペンでチェックして、項目別にノートに書きます。これで自分の苦手な項目を知ることができます。漢字の読みや書き取りは答えを赤で書き、赤いシートで隠すことで解き直しします。部首や四字熟語、送りがな等は巻末に載っているものはできるだけチェックし、何を間違えたか分かるようにします。

試験前日

ノートと巻末にチェックした間違えた問題を確認して、ミスをなくします。

おわりに

この方法で、筆者は1回で漢字検定準2級に合格できたので、試してみてください。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121130175309 50b873f560c87

本記事は、2012年11月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る