生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 初心者のためのランニングシューズの選び方

初心者のためのランニングシューズの選び方

2012年09月10日更新

 views

お気に入り

はじめに

過ごしやすい気温だと汗をかきにくくなる上に喉も渇かなくなるので、ランニングには最適ですよね。

ただランニングを行う時は、ちゃんと自分に合ったランニングシューズを選んで走らないとランニングの効率が悪くなってしまいますし、最悪の場合怪我の原因にもなりかねません。

そこでこの「初心者のためのランニングシューズの選び方」に目を通してもらい、自分の足に適したシューズ選びの参考にしていただければ嬉しいです。

基本的な考え

そもそもランニングは、走るたびに地面を蹴って地面に着地するという動作を何度も繰り返します。

特に着地の時には体重のおよそ3倍の衝撃が足に伝わると言われているので、自分に最適なランニングシューズを選んで、なるべく足への負担を軽減しましょう。

そして走る時間や距離によって消耗する速度も違ってくるので、ぜひ耐久性の高いものを選びたいですね。

ランニング専用のシューズを選ぶ

よく他の競技のために作られたシューズやスニーカーなどを履いてランニングを行っている方がいらっしゃいますが、それは止めた方が無難です。

例えばテニスシューズはテニスコートの上で、バスケットボールシューズは体育館のコートの床の上で瞬発的に早く動くために作られたものです。これらで長距離を走ってもあまり意味が無いですし、怪我の原因になったりすぐに穴が空いたりする場合があります。

ちゃんと専門のランニングシューズを選んで履きましょう。

ランニングシューズを選ぶ大事なポイント

足を安定してくれるか

あまりサイズが窮屈なシューズよりも、指先にほんの少し(約0.5センチ~1センチ)だけ余裕のあるものが良いですね。

かかとの部分

地面に着地した時の衝撃を反動に力に変えてくれるので、かかとの部分はとても大切です。衝撃を軽くし、反発力を上手く利用できるようになっているシューズを選びましょう。

ソール(底)

初心者の方はなるべくソールが厚めのものを選びましょう。薄いソールだとスピードが速くなる分、筋肉や関節にかなりの負担がかかります。

薄いものはどちらかというと上級者用のシューズなので、初めのうちは厚めのもので、クッション性に優れたシューズを選びましょう。

試し履きをしよう

実際に店舗に行って、自分の足にフィットするかをしっかりとチェックすることが大切です。最近はインターネットでシューズを買う方も増えていますが、一度も履かずに購入すると後で必ず後悔します。

どうしてもネットで購入したい方は、店舗に行って目的のシューズをまず履いてから、あらためて買うことをオススメします。

おわりに

ランニングはシューズ1つだけでも、走る感覚や感触が随分変わってきます。

快適なランニングを行うためにも、ぜひこれらのポイントを頭の中に入れておいてくださいね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101003145630

本記事は、2012年09月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る