生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3. 再婚相手を幸せに 再婚する際に筆者が決めたルール

再婚相手を幸せに 再婚する際に筆者が決めたルール

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

再婚を成功させるという考え方と少しずれるかもしれませんが、どうやったら再婚相手を幸せにするかをすごく考えて、バツイチ再婚に踏み切りました。今現在、前妻との結婚生活を経験値として、すごく活かされた結婚生活を送れていると思います。ぜひ、参考にして頂ければと思います。

前妻との離婚

前妻との関係

筆者は5年の同棲生活・5年の結婚生活を経験し、その上で前妻と離婚しました。前妻は、キャリアウーマンで、その彼女との生活のすれ違いや、自分の仕事の不調や、子供を作りたい僕と作りたくない彼女の意向の違いがあり、離婚のきっかけになったのは、彼女の浮気でした。

最後の1年間は、彼女との生活は、同じ家に居ながら、別居状態でしたが、筆者はそれでも彼女のことが好きだったと思います。ただし、彼女は完全に僕に対しての想いはなくなっていた1年間だったと思います。今、思い返しても、笑っちゃうくらい辛い1年でした。

離婚後

離婚の後、筆者は茫然自失の日々でした。本当に無気力で、仕事もやる気を失い、一人でお酒を飲む時間も増えていきました。そんな中、友人の紹介で現在の妻(後妻)と会う事になりました。その彼女は、独身で結婚経験もなく、純朴で、前妻と比較すると失礼ですが、むしろ家庭的な女性です。

現在の妻との結婚

筆者がバツイチで彼女が初婚ということもあり、結婚を考えた時には、僕が二の足を踏みました。

結婚を一度失敗した人間がどうしたら、結婚生活を成功させれるのか。そこで、何個かテーマを決め、それを継続することを決心しました。

再婚する際に決めたテーマ

1、彼女を褒める
過去の結婚経験から、結婚生活に重要なのが『リスペクト』だと思います。そこで、再婚相手の日常の些細な良いところを、常に言葉に出して褒めるという行動を基本にしようと思いました。

2、彼女をしっかりと理解する
人はそれぞれ考え方も生活環境も育成環境も違うのですから、そこをしっかりと理解し、彼女を否定することではなく、自分の物とかみ合わせる工夫をしました。

3、離婚の条件の明確化
最初から、『こうしたら離婚する』というものをお互いにしっかりと明確化しました。例えば『浮気が発覚したら離婚』とか『家庭を放置したら離婚』とかです。明確化することで、逆にお互いを監視し過ぎず、ある程度の自由を持つことで、あまりストレスの無い結婚生活を実現出来ました。

4、共通の趣味・意見を持つ
結婚生活の中で、お互いの趣味・思考は全く別で、『なんで言っても分からないかな』ということが多々ありますが、それをあえて、自分も彼女の趣味を一緒にやってみることにしました。最初は全く理解できなかったことも、一緒に取り組むことで徐々に楽しさも分かり、今ではそれが共通の話題になりました。

おわりに

最後に、あくまでも『子供の存在』は大きいと思います。自分も仕事の合間を見て、一緒に子育てに参加する姿勢を常に持つ努力をしており、息子・娘は、筆者の顔を見ると安心するのか、ほほ笑んだり、甘えたりしてくるようになりました。

厳しく躾を教えるのが家内の役目で甘えさせるのが自分の役目と決め、それを常に実行していることで、子育ても一つの共通の趣味に近い考え方になっているところも大きな再婚の成功だったと思います。

(photo by http://www.ashinari.com/2011/12/15-354814.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121130175719 50b874ef14672

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る